スマホアプリ開発|AndroidとiOS両方作れるクロスプラットフォームを解説

“クロスプラットフォーム開発”とは、スマホアプリ開発においてAndroidと、iOSの両方のデバイスで動かすことができる手法を指します。

最初から複数のOSに対応できるように開発を行うため、他のOSでは利用することができない、ということがありません。

総務省の資料「情報通信白書 令和2年版」によると、日本のスマホシェア率では1位がApple(59.8%)、2位SHARP(10.6%)、3位サムスン(8.8%)の順になっています。

そのため、スマホアプリの開発においてもiOSのみならず、他のOSにも対応したアプリ開発が求められているという訳です。

本記事ではスマホアプリ開発におけるクロスプラットフォームの特徴や、具体的なスマホアプリ開発の手順等に関して、分かりやすく解説しています。

最後まで読んでいただくことで、クロスプラットフォーム開発の魅力を、十分に理解することができるでしょう。

 

【目次】 

 

スマホアプリ開発に便利な"クロスプラットフォーム"の3つの特徴

クロスプラットフォームの特徴としては、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

    1. iOS/Androidアプリ開発が同時に行える
    2. プラットフォームを1つのコードで共有可能
    3. フロントサイドとネイティブサイドの開発の分業化ができる

 

中でも、特定のOSだけに絞ってスマホアプリ開発を行うのと比較して、iOS/Androidの両方で使えるのは汎用性が高く、効率的だといえるでしょう。

また、プラットフォームを1つのコードで共有可能という点も、単体でスマホアプリ開発を行うのと比べると、開発者としてもかなり楽です。

 

1. iOS/Androidアプリ開発が同時に行える

クロスプラットフォームは、別名「マルチプラットフォーム」とも呼ばれており、異なるデバイスで同じ仕様のスマホアプリを利用することができます。

近年、私たちが普段利用しているスマホ向けのアプリケーションのほとんどが、クロスプラットフォームとなっており、iOS/Androidの両方で使用が可能です。

そのため、違うOSのスマホに買い変えたからといって、アプリが使えなくなるということはありません。

 

2. プラットフォームを1つのコードで共有可能

これまでは特定のOSだけに絞って、スマホアプリ開発を行ってきました。

そのため、プログラムの実装やアップデート等を行うためには、かなりの工数がかかっていました。

しかし、クロスプラットフォームに変えたことで、以前よりもかなりプログラミングの工数を減らすことができ、開発側の負担を減らすことにも繋がったのです。

また、クロスプラットフォームでは、プログラムが一元管理されているため、非常に効率的に開発を進めることも可能です。

 

3. フロントサイドとネイティブサイドの開発の分業化ができる

クロスプラットフォームでは、フロントサイド(ユーザーが見る画面側)とネイティブサイド(ユーザーには見えない部分)とで、開発を分業化することができます。

加えて、テストの段階でもそれぞれ分けて行うことができるため、開発段階では非常に効率的に取り組める訳です。

 

クロスプラットフォームの注意点と対策方法

クロスプラットフォーム開発を行う際には、それぞれのOSに対する理解が必要となります。

OSによって特徴が異なるため、実際にスマホアプリ開発を進める前に、AndroidやiOSの特徴をしっかりと確認しておきましょう。

また、各OSの仕様はアップデートによって内容が変化するため、都度に確認が必要な上に、OSの仕様に合わせてアプリも同様にアップデートしなければいけません。

細かい特徴は挙げればキリがありませんが、作ろうとしているスマホアプリに関連する必要な情報は、事前に調べるべきでしょう。

 

【最低限抑えておくべき注意点】

    • 各OSの特徴は把握しているか
    • 開発言語の選択は適切か、またその特徴を把握しているか
    • 開発ツールに関する技術的な情報が、ネット上に多いか

 

各OSに対する理解も重要ですが、同時に実際にクロスプラットフォーム開発を行うための開発ツールの情報の多さも重要です。

なぜなら、OSは定期的にアップデートされるため、開発ツール側も常時OSに合わせたアップデートが必要になるからです。

開発ツールに関する情報が少ないと、OSのバージョンアップに対応できず、最悪アプリが使用できなくなります。

そのため、事前にインターネット上に開発ツールに関する情報が、多いかどうかを確認する必要があります。

 

クロスプラットフォーム開発の手順【簡単6ステップ】

クロスプラットフォーム開発を行う工程は、主に以下のように6つに分けられます。

    1. 開発するアプリの仕様・設計を考える
    2. アプリ開発するための環境を整備する
    3. 画像や音声など必要な素材を集める
    4. 仕様書に沿ってプログラミングを行う
    5. テストを行い改善する
    6. 開発したアプリを公開する

 

基本的な流れに関しては、一般的なスマホアプリ開発と変わりありません。

一般的なアプリ開発との大きな違いは、開発工数が40〜70%程抑えられることにあります。

開発工数が少ないということは、開発コストの削減にも繋がります。

また、各OSに対応していることで、仕様変更やバグ等にも対応しやすいです。

はじめて取り組む方は、要点をしっかりと抑えた上で、実際にスマホアプリ開発に当たりましょう。

 

1. 開発するアプリの仕様・設計を考える

はじめに自身が作りたいスマホアプリの仕様や設計に関して、具体的に考えましょう。

どのようなスマホアプリを作りたいのかが具体的でないと、実際に開発する際に途中で挫折したり、バグに繋がってしまう可能性があります。

そのため、スマホアプリの仕様や設計は、時間をかけてしっかりと取り組むことが大切です。

 

【仕様・設計における検討項目事例】

    • 想定しているユーザー像
    • どのようなサービスを提供するのか
    • サービスの強みやビジネスモデルは何か
    • ボタンや画像、テキストの位置、BGMはどうするか

 

最初は抽象的な意見でも構いませんが、徐々に深掘りし明確にして行く必要があります。

また、開発経験が浅い初心者の方は最初は、シンプルな仕様や設計にするのが得策です。

 

2. アプリ開発するための環境を整備する

作りたいスマホアプリの仕様や設計が決まったら、次にスマホアプリ開発を実際に行うための環境整備を行います。

具体的にはアプリ開発を行うために必要な、ツールやプログラミング言語の選定、テスト端末の接続などを行います。

クロスプラットフォーム開発を行う際には、作りたいアプリや使うプログラミング言語に合わせて環境を選ぶことが大切です。

例えばC#やJavaScriptを活用して、スマホゲームアプリを開発したいのであれば、開発環境としてはUnityがおすすめでしょう。

詳しいおすすめの開発環境に関しては、後述していますので参考にしてみてください。

 

3. 画像や音声など必要な素材を集める

実際にプログラミングを行う前に、開発するスマホアプリに必要な画像や音声などの素材を集めておきましょう。

開発を行いながら素材を探しても構いませんが、作業効率の面からあまりおすすめはできません。

また、スマホアプリ開発は定期的にテストを行い動作確認を実行するため、音声や画像等がないと正しく動作しているか確認し難いです。

そのため、事前に必要な素材を集めておくことが、賢明だといえます。

 

4. 仕様書に沿ってプログラミングを行う

開発環境や必要な素材等が全て揃ったら、実際に作成した仕様書に沿ってプログラミングを行います。

開発を実際に進めるにあたり、複数人のチームで取り組む場合は、フロントサイドとネイティブサイドで分業した方が効率的です。

クロスプラットフォームでは個別に段階テストが行えるので、より作業効率を上げるためにも、分業化は必須だといえます。

 

5. テストを行い改善する

スマホアプリが動くようになったら、実際に仕様書の通りに動作しているかを、個別にテストして確認しましょう。

バグやエラー等が出た場合は、再度原因を調べた上で改善するだけでなく、データ等の欠損がないかなどの確認も必要になります。

また、アプリの動作に不自然な動きがないか、出力が思ったように行えているか、などの細かいチェックも項目ごとに分けて行いましょう。

 

6. 開発したアプリを公開する

動作に問題がない場合は、実際に開発したスマホアプリを公開しましょう。

iOSアプリの場合は、Apple Storeから審査を通過したら、無事にリリース完了となります。

Androidアプリの場合は、GooglePlayからの公開となりますが、こちらは審査がないので登録したらリリース完了です。

双方、問題なければ約2日程度で、アプリを公開することができます。

スマホアプリを公開した後も継続的なメンテナンスを行い、ユーザーのフードバックを参考にして、より良いサービスを提供していきましょう。

 

クロスプラットフォーム開発を行う際のプログラム環境5選

    1. Xamarin:画面デザインをiPhone、Androidアプリで共通化可能
    2. Cordova:HTML、JavaScript、CSSでアプリ開発可能
    3. Unity:ゲーム開発するためのゲームエンジン
    4. Flutter:Google社が提供
    5. Cocos2d-x:Pythonをメインで使用

 

クロスプラットフォーム開発を行う際の代表的なプログラム環境を、5つに絞ってご紹介しています。

作りたいスマホアプリや、利用するプログラミング言語に合わせて、開発環境を選ぶようにしましょう。

 

1. Xamarin|画面デザインをiPhone、Androidアプリで共通化可能

“Xamarin(ザマリン)”は、主にC#/.NET/Visual Studio等を用いて、スマホアプリを開発するクロスプラットフォーム対応の開発環境です。

元はXamarin社が開発したツールですが、現在はマイクロソフト社に買収されています。

そのため、現在はマイクロソフト社が提供しているVisual StudioにXamarinが含まれている状況です。

その他、Xamarinは日本語対応していないので、英語力が不安な方には少し扱い難いかも知れません。

※公式サイト:https://rekaizen.com/article/detail/app-development/11016

 

2. Cordova|HTML、JavaScript、CSSでアプリ開発可能

“Cordova(コルドバ)”では、クロスプラットフォーム開発の標準言語であるHTML, JavaScript, CSS等で開発ができます。

開発元はNitobi社でしたが、2011年にAdobe社が買収しました。

その後は、Adobe社からApacheソフトウェア財団 (ASF)に寄贈され、ツール名も”Apache Cordova”と名前を変えて提供されています。

現在は、オープンソースのモバイル開発フレームワークとして利用可能です。

汎用性が高くツールとしての歴史も非常に長いため、すでに多くの開発者が活用しています。

※公式サイト:https://cordova.apache.org/

 

3. Unity|ゲーム開発するためのゲームエンジン

“Unity(ユニティー)”は、スマホアプリのゲーム開発が行えるゲームエンジンになります。

開発元はUnity Technologies社であり、リリースされたのは2005年からですが、今でもゲーム開発時には良く活用されるツールの一つです。

プログラミング言語としてはC#やJavaScriptを利用して、ネイティブアプリを開発することが可能です。

これから3Dゲームアプリ等を開発したい方には、大変おすすめのゲームエンジンだといえるでしょう。

※公式サイト:https://unity.com/ja

 

4. Flutter|Google社が提供

“Flutter(フラッター)”は、Google社が提供しているオープンソースのスマホアプリ開発環境です。

クロスプラットホームにも対応しているため、さまざまなOSでアプリを使うことができます。

実際に開発する際には、Dart(ダート)と呼ばれるGoogleが2011年に開発した、プログラミング言語を活用します。

コードの書き方としてはC言語に似ているため、C言語を書いたことがある人は、開発に取り組みやすいでしょう。

※公式サイト:https://flutter.dev/

 

5. Cocos2d-x|Pythonが使われることが多い

“Cocos2d-x(ココツーディーエックス)”は、中国企業であるChukong Technologies社が開発した、オープンソースのゲーム開発向けのフレームワークです。

プログラミング言語としてはPythonが使われることが多く、さまざまな機能が実装されているため、実用性が非常に高いのが大きな特徴です。

また、Python以外にもC++やJavaScriptでの開発も、行えるようになっています。

※公式サイト:https://www.cocos.com/en/

 

まとめ

スマホアプリ開発における、クロスプラットフォームの特徴や利便性等に関して、詳しく解説してきました。

    • iOS/Androidアプリ開発が同時に行える
    • プラットフォームを1つのコードで共有可能
    • フロントサイドとネイティブサイドの開発の分業化ができる

現在ではクロスプラットフォームでのアプリ開発は、常識にもなりつつありますので、この機会に押さえておきましょう。

また、各OSは定期的にアップデートされていますので、OSの特徴を押さえた上で、開発に当たるようにしてください。

 


オフショア開発ならHBLABへご相談ください

HBLABでは、ベトナムに特化したオフショア開発サービスをご提供しております。

オフショア開発の契約関連でお困りの方は、お気軽にご連絡ください。弊社の担当者が親身になって対応いたします。

ニュース

第30回 Japan...

月 4月 26 / Naohiro Ogawa

2021年4/26(月)~28(水)に東京ビッグサイトにて予定されておりました、【第30回 Japa...

ご好評につき延長決定...

火 3月 30 / Naohiro Ogawa

先日開始しました「2021年度開発スタートダッシュキャンペーン」ですが、たくさんのお問い合わせをいた...

【延期】第30回 J...

月 3月 22 / Naohiro Ogawa

展示会延期のお知らせ:主催者より、延期の連絡がありました。ご来場を予定されていた皆様には申し訳ござい...

2021年度開発スタ...

月 3月 1 / Naohiro Ogawa

長引くコロナ禍や2025年の崖問題などの課題が取り巻く中、2021年度システム開発に取り組む企業様に...