ARによる簡易・正確なナビゲーションを実現するMAEプラットフォームの提供開始

株式会社エイチビーラボジャパン(以下、HBLABとする)は、10年近く日本市場で高品質なソフトウェア製品及びラボ型のIT人材を提供し続けるオフショア会社です。特にHBLABは、先進的な技術力を持ち、ユーザー顧客のニーズに応える高度なソリューション開発に力を入れて取り組んでおります。本ARナビゲーションプラットフォームはITに関わる問題解決の1つでございます。

 

  • 背景と問題

現在、主流であるGPSナビゲーションにおける課題とは?

GPSは、数メートル程度の誤差が発生することからより精緻なナビゲーションには不向きであり、特に屋内の利用にはかなり制限があります。
本課題に対する解決策としてAR技術によるナビゲーションが注目されています。
 

  • AR(拡張現実)とは

ARとは(Augmented Reality)とされ、現実世界にデジタルコンテンツ(音、視覚要素、その他の感覚刺激のもの)を重ねて表示する技術を指します。

AR技術は、既に日常の様々なアプリケーションで使用されています。
・2016年のPokemon Goのような大ヒットアプリケーション
・毎日の生活の中で遭遇する可能性がある人気のInstagramフィルター

Staticaの調査データによると、2021年にモバイルARの市場規模は95億米ドルに達し、モバイルARのアクティブユーザーは8,100億米ドルに達しました。したがって、ARを身近なものと考え、その利点をビジネスに応用することが重要となってきております。

Staticaの調査リンクはこちら:「https://www.statista.com/topics/3286/augmented-reality-ar/
 

  • 解決アプローチ

MAEによる新しい正確なナビゲーション

MAEは、カメラで撮影された画像を用いて周囲の3Dマップを作成します。
本利用により、現在地の正確な情報が特定され、エンドユーザーは目的地にたどり着く方法がAR上に分かりやすく表示されます。特定するのが難しい場所(美術館、スーパーマーケット、駅、ショッピングモール等)でも使用可能なことから屋内ナビゲーションについては特に注目されています。

 

  • MAEとは?

MAEとは、「Map-Augmented-Experience」の略です。
Map: スマートフォンのカメラでARに投影したい場所の写真を撮ります。

Augmented: 撮影情報は3次元コンピュータモデルに反映され、ポイントクラウドと3Dモデルを再構築した後、コンピューターで生成された知覚情報によって現実世界に反映されます。

Experience: アプリをインストールし、エンドユーザはスマートフォンで目的地に安易に移動ができます。

  • MAEを活用した事例

ショッピングモール&エンターテインメントエリア
来店者と買い物客は、MAEアプリを使用し、自分が今どこにいるかを把握し、行きたい場所に移動する手段を簡単に見つけることが可能です。

美術館、展示会
MAEを使用することで、展示会の来場者は行きたいエリアを簡単に見つけることができ、製品のスキャンを実行することで、展示品に関する情報・画像・ビデオが表示され、ツアーガイドの説明がなくてもコンテンツが楽しめます。

工業団地、学校、行政センター
GPSを使用する場合、そのエリアのみを特定できます。そのかわり、MAEを使用すると、空間内でも正確な位置を指定できます。
たとえば、倉庫や指定されたクラスを探している場合、MAEは正確な移動ルートを表示することができます。

不動産&インテリア
サンプルルームへの来場者は、モバイルアプリの3D間取りで屋内における家具(テーブル、椅子、壁のペンキ色等)の追加、削除、または変更できます。

広告
来店客はMAEを使用して製品をスキャンし、関連情報が確認できます。
ブランドに優れた広告・ブランディング活動を実行することができるようになります。
 

  • MAEの特徴

より簡単で正確なナビゲーション
MAEは、実際の環境を見ているときに、ユーザーがどこを向いたらよいのかを正確に教えてくれるガイドが便利です。 さらに、説明、画像、ビデオ、事実など、検索している場所に関する情報を確認することができます。
ナビゲーションアプリがより良い、より短いルート検索に役立つことは否定できません。 ARと組み合わせると、オフィスビル、病院、学校、ショッピングモールなど、必要な場所をすばやく見つけることができます。

相互作用より良いサービス体験を得る
MAEを適用することで、ユーザーは簡単に移動でき、ユーザーエクスペリエンスとブランドロイヤルティの向上に役立ちます。 この機能は、顧客維持にとって非常に重要です。
製品やサービスの革新を通じて、顧客体験を向上し、ARなどの最新技術を適用することで、企業のブランドイメージも新たな高みへと引き上げられます。

ご要望に応じてカスタマイズ可能
MAEプラットフォームは非常に柔軟性があり、多くのアプリケーション分野に適しているため、HBLABはお客様の要望に応じカスタマイズした形での提供も可能です。

本サービスに関しては、下記よりお問い合わせください。
https://hblab.co.jp/contact/

 

  • 【会社概要】HBLABについて

 

HBLABは、ベトナムオフショア企業としてTop10に位置するシステム開発支援の企業です。これまでシステムマイグレーション支援を中心に10年近くの経験があります。昨今は、本事例のように最新テクノロジーの実装にも多くの成果をあげており、多くの事例を保有しております。

  • 【会社概要】

会社名:エイチビーラボジャパン
所在地:〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-34-1 川原第2ビル5F
代表者:代表取締役 グエン・フィ・タン
公式HP:https://hblab.co.jp/
電話番号:03-6281-9068
メール:cs@hblab.vn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。