オフショア開発 メリット | アウトソーシング との違い

「オフショア」と「アウトソーシング」という言葉はビジネスのニュースや記事によく見られていますが、一体何でしょうか。それは自社の業務を委託する手法についてです。オフショアとアウトソーシングが同じだと思いがちである方が少なくありませんが、実際には違いがあります。さて、 オフショア開発 と アウトソーシング との違い 、またはオフショア開発のメリットについて、HBLabと把握しましょう。

「オフショア」と「アウトソーシング」とは

アウトソーシングというのは「他企業に業務を委託すること」と定義されています。

つまり、業務の委託先が国内にあろうが海外にあろうが関係なく、単に他企業に委託していればアウトソーシングと言えるということ。

しかし、一方のオフショアというのは国内の業務を海外の他企業もしくは子会社に委託する」と定義されており、つまり委託先は他企業でも自社の子会社でもどちらでもよいのです。IT業界でオフショア開発だとよばれ、ソフトウェア開発を委託することです。

これまで、日系企業は日本国内アウトソーシングの方法でソフトウェアを開発する傾向が続いてきましたが、最近、人手不足の状況に陥る日本は海外企業、とりわけ東南アジアの企業に自社の業務を委託することが増えています。

日本国内の別のシステム会社に開発を委託することは簡単に行われます。それにもかかわらず、なぜ日本企業はわざわざ海外企業に委託するのでしょうか。オフショア開発はアウトソーシングにないメリットを持っているはずです。

オフショア開発のメリット

第一:開発コストが安い

第一に開発コストが安いといった点が挙げられます

第一に開発コストが安いといった点が挙げられます。今、日本のIT関連企業が直面している問題は優秀なITエンジニアが不足しているほかに、ITエンジニアの価格が高騰になっていることです。

それに対し、海外には、優れたIT技術者が多く、人件費が日本よりも安価という国がたくさんあります。そのため、日本企業は海外企業に自社の開発作業を発注することにより、ソフトウェア開発にかかるコストを大幅に削減することが可能となります。特に、ベトナムでのオフショア開発を行う企業はシステム開発の費用の4割も削減することが可能となります。

第二:優秀なエンジニアが確保

第二のメリットは優秀なエンジニアが確保できることです。少子高齢化の影響を受け、人手不足が深刻化している日本はIT業界に必要とする技術者の供給が追いつかない現状にあります。そのため、IT会社にとっては、優秀な人材確保が非常に難しい状況です。

第二のメリットは優秀なエンジニアを確保できることです

一方、海外の国においては、ヒューマンリソースが豊富で日本企業の要求を満たすことができます。その中で、ベトナムのIT技術者は若い人達が多く、まじめで、 行動力があると評価されています。ベトナムなどの企業をオフショア開発を行うことにより、優秀な人材を集め、より高品質なシステムの開発に成功しやすくなるのです。

第三:システム開発にかかる時間が短縮

第三のメリットはシステム開発にかかる時間を短縮できることです

第三のメリットはシステム開発にかかる時間が短縮できることです。オフショア開発では単価の高いエンジニアではなく、人件費の安い多くのエンジニアを雇用することができます。そのため、多くの技術者は同時に開発作業を行うわけです。その結果、ソフトウェアのサービスを満足のいく状態まで仕上げるのに、時間を節約することが可能となるのです。

ベトナムにおけるオフショア開発の動向

ベトナムにおけるオフショア開発の動向

国内アウトソーシングにないオフショア開発のそのメリットで、日本IT企業は東南アジアなどの海外に進出する傾向が強くなっています。その中でも、ベトナムは発展途上国で、目覚しい成長を遂げているので、魅力的な委託先として注目されています。ベトナムは、オフショア開発の活動は拡大され、日本の顧客のニーズに合わせるために活動しております。今後、ベトナムにおけるオフショア開発は新しい動きが見られるのではないかと思います。

ーーー

企業:      HbLab Joint Stock Company(株式会社エイチビーラボ)

ハノイ事務所 :  7F, Hoang Ngoc Building, Lot C2C, Lane 92, Tran Thai Tong Street, Cau Giay District, Ha Noi, Vietnam

東京事務所:   〒 100-0004 東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F


TEL:      (+81)-3-6281-9068

E-mail:     info@hblab.vn