HBLABがベトナムIT業界最優秀Sao Khue賞初受賞

2019年4月21日(土)、ハノイにおいてベトナムソフトウェアITサービス協会(VINASA)が主催する2019年Sao Khue賞 (サオ・クエー賞)授与式が行われました。そこでHBLabがITサービスの「アウトソーシングサービス」分野で2018年に最も優れた功績を残した企業として選ばれ、サオ・クエー賞を受賞しました。


ベトナム2019年Sao Khue賞授与式

HBLab取締役社長グエン・フィ・タン(真ん中)がサオ・クエー賞を授与します。写真素材:http://danhhieusaokhue.vn/

サオ・クエー賞とは?

本賞は、ベトナムITソフトウェア産業開発を促進する目的で2003年からVINASAより開催され、ベトナムのIT業界における最優秀な賞として評価されています。ソフトウェア及びITサービスに関する5つの分野で(① ソフトウェア、② インダストリー4.0技術応用、③ スタートアップ企業、④ 新たなソフトウェア、⑤ ITサービス)表彰されています。受賞者は最も活躍している企業や個人であり、品質が高く、常にお客様から好評される製品及びサービスを提供しています。

まず、決済書、Webサイト等の書類審査、その後、売上、ブランド力、市場シェア、社会的影響力、商品・サービスの独自性の審査が行われます。この厳しい審査を通過したもののみに贈られるサオ・クエー賞です。ノミネートされた会社の中でベトナムの大手企業から日経企業を含む外資企業も多くあります。その中で、2018年度の功績が評価され、HBLabが⑤ITサービスの「アウトソーシングサービス」分野で初受賞を果たしました。

HBLabについて

HBLabは、2015年に設立され、ベトナムで日本のお客様を中心にオフショア開発サービスを提供しています。四年間に渡りソフトウェア開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発、運用保守管理等といった広い分野で高品質を担保しています。主にラボ型契約で柔軟にお客様のニーズに対応し、開発コストの安定だけでなく優秀な人材確保で悩んでいる日本企業に対してサービスを展開しています。2017年からAI R&D、IoT、ビッグデータといった革新な技術の研究開発にも力を入れ、より質の高いソリューションを提供し続けると挑んでいます。

HBLabは人材の技術力や日本語でのコミュニケーション力が高いことのみならず、コンサルティング能力、管理能力も高評価され、95%以上のお客様がサービスを継続しています。

 

授与式でHBLab代表取締役社長グエン・フイ・タン氏は次のように語っていました。

「オフショア開発企業として、HBLabは先端技術と実用的アイデアを組み合わせ、革新的な製品及びサービスを生み出し、お客様に対して更によいサービスをお届けしたいとおもいます」。


今回初めてサオ・クエー賞を受賞することができたのは、お客様の高評価及び信頼があるからこそです。HBLab全社が心から感謝をしています。今後とも「おもてなし」と「こだわり」の心を持って、お客様に質の高い製品、サービスを提供したいとおもいます。

 

これからもよろしくお願いいたします!