HBLABが2019年 ベトナムIT企業 トップ50+10社に

HBLabは2019年10月23日(水)、ダナンにおいてベトナムソフトウェアITサービス協会(VINASA)より

2019年 ベトナムIT企業 トップ50+10社として認定されました。

今回は初めてこのタイトルをいただきました。

 

HBLAB代表者ハー氏が ベトナムの大手IT企業 50+10社 を授与しています

「ベトナムIT企業 トップ50+10社」とは?

「ベトナムIT企業 トップ50社」というプログラムはベトナムIT企業のトップ50社を選択、表彰し、それらの企業と潜在的国内外のパートナーに結ぶ目的にして、2014年にVINASAより開催されました。

2018年に新しい項目を追加する上で、「ベトナムIT企業 トップ50+10社」に改名されました。その中に「50社」は BPO、ITアウトソーシング、KPO  ITソフト、レソリューション、サービス  モバイル向けのデジタルコンテンツ、アプリケーション、レソリューション、「10社」は 「インダストリー4.0技術を応用するトップ企業」、4つのIT分野で表彰されています。

財務、人材、市場シェア、製品、管理など広い評価項目で激しい審査を通過して、HBLabは② ITソフト、レソリューション、サービス分野で ベトナムIT企業 トップ50+10社の一つとして表彰していただきました。

 

HBLabについて

HBLabは、2015年に設立され、ベトナムで日本のお客様を中心にオフショア開発サービスを提供しています。

4年間に渡りソフトウェア開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発、運用保守管理等といった広い分野で高品質を担保しています。主にラボ型契約で柔軟にお客様のニーズに対応し、開発コストの安定だけでなく優秀な人材確保で悩んでいる日本企業に対してサービスを展開しています。

2017年からAI R&D、IoT、ビッグデータといった革新な技術の研究開発にも力を入れ、より質の高いソリューションを提供し続けると挑んでいます。

HBLabは人材の技術力や日本語でのコミュニケーション力が高いことのみならず、コンサルティング能力、管理能力も高評価され、95%以上のお客様がサービスを継続しています。

そして2019年4月に、HBLabがVINASAによりITサービスの「アウトソーシングサービス」分野で2018年に最も優れた功績を残した企業として選ばれ、サオ・クエー賞を受賞しました。

HBLAB取締役社長グエン・フィ・タン(真ん中)がサオ・クエー賞を授与します

4月に行うサオ・クエー賞の授与式

このタイトルをいただくことができまして、至極光栄でございます。

この度は新たな機会のみならず多くの挑戦をもたらします。これからも一生懸命頑張って、「おもてなし」と「こだわり」の心でお客様に質の高い製品、サービスを提供したいとおもいます。

よろしくお願いいたします!