ベトナムオフショア開発の現状とは?特徴やメリット・デメリットの紹介

開発方法の中でも人権コストを抑えることができるオフショア開発ですが、近年は特にベトナムが大きな注目を集めています。

そこで本記事では、なぜベトナムが開発先に選ばれるのかを、メリットとデメリットを通して解説します。

 

【目次】 

 

1. オフショア開発とは

オフショア開発とは、アプリケーションやwebシステム、そしてソフトウェアの維持、開発、運営を海外リソースを用いて行う手法です。

ここからはまず、なぜ近年活発になっているのか、そしてクオリティを維持しつつコストを削減できる背景について見ていきましょう。

 

国内よりもコストが削減できる

オフショア開発は海外の開発企業に案件を委託することから、当然現地の賃金水準が適用されます。

そして、アジア諸国は月数万円程度と日本の半分以下であるケースも多く、高単価な国内エンジニアを起用するよりも大幅にコストが削減できる可能性があり、近年活発化している最大の理由の1つとして挙げられています。

 

日本のITリソース不足

オフショア開発が活発になっている背景としては、日本のITリソース不足も挙げられています。

実は、国内のIT需要はここ数年飛躍的に拡大している一方で、システムエンジニア等の人材供給が追いついておらず、それに伴って1人あたりの賃金水準までもが高騰している現状となっています。

したがって、IT人材を多数抱えつつ、人件費が安価で済むオフショア開発は、日本が抱える問題のソリューションといえるでしょう。

 

近年開発国の技術力が向上している

近年はAR/VR、人工知能に加えて、NFTや仮想通貨で広く活用されているブロックチェーン等の開発技術も世界的に向上しており、アジア諸国も例外なく主力として活躍しています。

そのため、オフショア開発はコストを削減できるだけでなく、技術面のクオリティも国内と遜色ない水準を維持できる手法として注目を集めています。

 

2. ベトナムオフショア開発の特徴や現状について 

ここまで解説した通り、アジア諸国は賃金水準が安価でありながら、開発技術のクオリティも高いというメリットがあります。

そしてその中でも、ベトナムオフショア開発は特に注目を集めており、今後もその需要は拡大していくことが予想されています。

そこでここからは、ベトナムのIT分野における現状や特徴を見ていきましょう。

 

国を挙げてIT人材を育成している 

ベトナムは近年国策としてIT人材の確保に取り組んでおり、教育機関のIT学科等を支援して、毎年約5万人ものエンジニアを輩出しています。

また、在学中に企業レベルのOJTを受講していることから、即戦力として通用する技術も備えているポイントも開発国として魅力といえるでしょう。

ちなみにベトナムにおける現在のIT従事者は35万人以上とされており、政府は今後その規模を100万人まで増加させる意向を示しています。

 

親日で勤勉な国民性 

ベトナム人は親日で勤勉という特徴があるため、共に仕事をする上でもスムーズにコミュニケーションを取ることが可能です。

また、繊細なタッチや細かいチェックが必要とされる作業にも秀でているポイントもエンジニアに適しているといえます。

さらに、ベトナムは社会情勢が安定していることから、反日デモといったリスクを考慮せずに安心して仕事を委託できるでしょう。

 

3. ベトナムでのオフショアのメリット 

ここからは、ベトナムオフショア開発のメリットについて解説していきます。

現在開発国を選定している方は、是非参考にして下さい。

 

新設の外資企業は法人所得税が減免される

ベトナムオフショア開発は以下のように法人所得税が減免されるため、日本企業にとっては大きな魅力として注目されています。

    • 新たに創設された外資企業がIT部門へ投資を行うプロジェクトに対して最初の4年分のCIT(法人所得税)が全額免除、その後9年間は50%減免

    • 経済特区で行われるプロジェクトは、住宅賃貸、技術インフラ提供

これらは、ベトナムのIT分野に対する積極的な支援体制によるものであり、特にインフラの提供が受けられるポイントは企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

優秀なエンジニアが豊富 

IT人材の育成に国策として取り組んでいるため、その教育体制に関しても高水準となっています。大学卒業時点で実務レベルにまでスキルを身につけているエンジニアも少なくありません。

また、ベトナムは能力が給与水準に大きく反映される仕組みであることから、全体的な向上心が高い傾向があります。結果的に優秀なエンジニアが多いという好循環を作りだすことに成功しており、アジア諸国の中でも開発技術が良質というメリットがあります。

 

ベトナムと日本の相性が良い 

ベトナムオフショア開発のメリットは、税制面や品質だけでなく、以下のように日本との相性が良いというポイントも挙げられます。

    • 時差が少ない
      オフショア開発においてネックになりがちな時差ですが、日本とベトナムは2時間しか変わらず、しかもベトナム企業の方が始業が早いため、ミーティングはもちろん、稼働時間全体を合わせやすくなっています。

    • ベトナムの方が祝日が少ない
      ベトナムはアジア諸国の中でも祝日が少ない国であり、日本との差は7日程度と大きくなっています。
      また、年末年始や夏季休暇といった制度も基本的に存在しないことから、国内エンジニアを起用するよりも多くの開発日数を確保することが可能です。

    • 日本からのアクセスが良い
      片道6時間というアクセスの良さもメリットの1つであり、フライト自体も1日10便程度*と豊富になっています。
      また、就航路線が多いことから、全体的な料金も比較的安価となっており、出張コストを削減することもできるでしょう。
      *現在はコロナウィルスの影響で本数が変動している可能性があります。

    • 駐在しやすい環境
      ベトナムは親日であることに加えて、デモ等が起こる可能性も低く、食べ物も比較的日本人の味覚にマッチしています。
      そのため、駐在するには利便性の高い環境であり、それまで海外経験のない方でも安心して過ごせるメリットがあります。

    • 出張コストを抑えられる
      短期的な滞在においても、ビジネスホテルは1泊2,000~4,000円程度、食事も1食数百円からと大変リーズナブルであるため、出張コストを抑えることも可能です。

 

ベトナムに海外企業が流入している 

ベトナムは近年経済成長が著しく、GDPに関しても1人あたり2,200ドル、ダウンタウンに至っては5,500ドルを超えるほどに所得水準が上がっています。

そのため、世界各国の企業がベトナム市場に参入してきている傾向であることから、ベトナムオフショア開発はそのまま新たなマーケットの開拓に繋がる可能性が高いといえるでしょう。

 

人件費を抑えられる 

人件費の削減はベトナムオフショア開発で享受できる最大のメリットといっても過言ではないでしょう。

具体的には、ベトナムのIT学科を卒業したばかりの新卒で300ドル程度、そして数年程度の経験を積んだエンジニアで400~800ドルと大変安価であるため、大幅にコストを削減することが可能です。

 

4. ベトナムでのオフショアのデメリット

ここまではベトナムオフショア開発におけるメリットについて解説してきました。

一方、より効果的に活用するためには、デメリットに関しても押さえておく必要があるため、ここからは3つのポイントを見ていきましょう。

 

納期の遅延 

ベトナム人全般というわけではありませんが、比較的納期に対してルーズな傾向があることから、進捗管理に関しては重点的に行う必要があるでしょう。

管理ツールや能力の確かな現場責任者、ブリッジSE等を据えるのがおすすめです。

 

オフショア開発の歴史が浅い 

日本がベトナムオフショア開発を活用し始めた歴史は比較的まだ浅いため、業務を進めていく上で、商習慣等の相互理解ができないケースがあります。

また、ベースの知識はありながらも、実務経験に乏しいエンジニアも少なくありませんので、事前に調査してカバーできる体制を整えておいた方が良いでしょう。

 

コミュニケーションの問題 

ベトナムは地域によって英語力に差がある特徴があり、場合によってはコミュニケーションが取りにくいケースがあります。

また、仕様書の翻訳に関してもちょっとしたニュアンスが食い違っていると、成果物の品質低下を招いてしまうでしょう。

 

5. ベトナムのオフショア開発企業を選ぶポイント

ベトナムオフショア開発を成功させるには、適切な開発企業を選ぶことが重要となります。

そこでここからは、開発企業を選定するためのポイントについて解説するため、是非参考にして下さい。

 

取引実績を確認する 

日系企業との取引実績は、発注側である日本の商習慣やプロジェクトの進め方をどの程度把握しているかが図れる指標となるため、開発企業を選定する上で最初に確認しておきたいポイントといえるでしょう。

具体的には、3社以上の実績がある開発企業を選ぶのがおすすめです。

 

開発企業に日本人が在籍しているか 

日本人が在籍している開発企業を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

コストは上がってしまいますが、円滑なコミュニケーションが図れるだけでなく、プロジェクトの進捗管理や、日本の商習慣に対する理解も得られるため、結果としてパフォーマンスが向上する可能性があります。

 

エンジニアの在籍数 

長期に渡るプロジェクトや大型案件の依頼を検討している場合は、開発企業に在籍しているエンジニアの人数もチェックするのがおすすめです。

ちなみにベトナムでは、多くて500名程度、中には数千名を抱える開発企業も存在しており、当然人材が多いほど、スポット案件の追加や納期に間に合わせるための突発的な増員にも対応してもらえるでしょう。

 

6. ベトナムオフショア開発の具体的な価格帯 

ここからは、ベトナムオフショア開発の具体的な価格帯について見ていきましょう。

本記事では日本や他のアジア諸国との比較、そしてブリッジSE、PMを雇用した場合の相場を解説していくため、是非参考にして下さい。

 

ベトナムの平均人月単価とは 

ベトナムオフショア開発を検討する際に押さえておきたいのが、1ヶ月あたりのエンジニア単価でしょう。

現在の相場は以下の通りとなっているため、日本の賃金水準とあわせて確認して下さい。

 

平均人月単価*

割合

35~40万円

約2割程度

30~35万円

約3割程度

25~30万円

約2割程度

 

日本の賃金相場

平均人月単価

最高水準

ソフトウェア開発

約44万円

約70万円

システム運用

約48万円

約90万円

 

実際には、エンジニアのスキルや地域によって細かく変動しますが、ベトナムオフショア開発の最も多い割合は30~35万円となっており、日本の賃金水準と比較するとそのリーズナブルさが分かります。

 

そして、その他のアジア諸国における全体平均は下表の通りです。

 

開発国

平均人月単価

ベトナム

約32万円

ミャンマー

約20万円

フィリピン

約30万円

インドネシア

約32万円

インド

30~40万円(地域により幅がある)

中国

35万円~40万円(沿岸部と内陸部で異なる)

タイ

約35万円

 

この通り、最も安価となっているのはミャンマーとなっていますが、地理や社会情勢、技術クオリティといった総合的なスペックを考慮すれば、ベトナムのコストパフォーマンスは優れているといえるでしょう。

また、中国やインドはこれまでメインのオフショア依頼先として起用されてきたため、全体的に相場が高い傾向です。

*平均人月単価とは、エンジニア1人あたりの月額単価であり、IT業界の専門用語です。

 

ブリッジSEやPMを雇用する場合の単価 

ベトナムオフショア開発において、現地の進捗管理や意見を取りまとめて日本側に伝達するブリッジSE、そしてプロジェクト責任者となるPM(プロジェクトマネージャー)を起用した場合の単価は以下の通りです。

    • 日本語堪能なベトナム人のブリッジSE 30~40万円

    • 現地の日本人PM 60~80万円

ベトナムの開発企業を選定する際は、まずこれらの相場を踏まえつつ、プロジェクトの橋渡し役となる人材がいるかをチェックしていきましょう。

 

7. まとめ

今回はベトナムオフショア開発の特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。

オフショア開発を依頼する上では、単純なコストの安さだけでなく、出張や駐在の容易さ、技術クオリティ等も加味して、全体のパフォーマンスを判断することが重要です。

そして、それらをバランス良く備えているのがベトナムであり、国を挙げてIT分野を支援しているポイントも、大きな魅力といえるでしょう。

オフショア開発企業の中には、お試し契約(パイロット契約)といったサービスも提供しているため、是非利用してみて下さい。

 


オフショア開発ならHBLABへご相談ください

HBLABでは、ベトナムに特化したオフショア開発サービスをご提供しております。

オフショア開発の契約関連でお困りの方は、お気軽にご連絡ください。弊社の担当者が親身になって対応いたします。

ニュース

第30回 Japan...

月 4月 26 / Naohiro Ogawa

2021年4/26(月)~28(水)に東京ビッグサイトにて予定されておりました、【第30回 Japa...

ご好評につき延長決定...

火 3月 30 / Naohiro Ogawa

先日開始しました「2021年度開発スタートダッシュキャンペーン」ですが、たくさんのお問い合わせをいた...

【延期】第30回 J...

月 3月 22 / Naohiro Ogawa

展示会延期のお知らせ:主催者より、延期の連絡がありました。ご来場を予定されていた皆様には申し訳ござい...

2021年度開発スタ...

月 3月 1 / Naohiro Ogawa

長引くコロナ禍や2025年の崖問題などの課題が取り巻く中、2021年度システム開発に取り組む企業様に...