システム開発の見積もり依頼をする際のチェックポイントを解説!

システム開発を検討している企業へ向けて、見積もりの算出方法の種類や前もって指示しておきたい見積もりの項目について解説します。また、開発業者から見積もりをもらう時に注意したいことやチェックすべきポイントも紹介します。最後には開発業者へ見積もりを依頼する前に伝えておくべき項目をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

【目次】 

 

1.システム開発の見積もりの特徴

ビジネスにおいて何らかの業務を他社へ発注する場合、契約前に見積もりを提出してもらい依頼を検討するのが一般的です。システム開発を他社へ依頼する場合もこれは常識となっていますが、システム開発においてはさまざまな開発方法や工程が含まれるため、見積もりの内容が複雑化しやすい傾向にあります。同じ内容のシステム開発を依頼しても、企業によって見積り額に差があることも多くあるのです。余計なコストを発生させないためにも、システム開発の基本的な知識や金額相場について理解を深めておきましょう。

 

見積金額の内訳

見積り金額には、実際の業務に発生するコスト(原価)に利益が上乗せされています。システム開発会社で発生するコストの大部分は人件費です。プロジェクトにアサインされたメンバー達が具体的にどんな業務を行うのかというと、要件定義を元に設計書などのドキュメント作成、プログラム開発と動作確認、実装作業などがあります。

システム開発の原価は、「人件費単価×想定する作業工数(日数)」で算出できます。依頼する企業によってなぜ見積もりの金額に違いが出るのかというと、各企業で設定されている人件費単価と、作業工数が異なるためです。見積もりをもらう場合は、それぞれの企業で単価と工数がどのように異なるかに注目することで比較しやすくなります。

 

2.見積もりの大まかな目安

複数社からシステム開発の見積もりをもらうことを想定し、見積り金額の算出方法の種類と大まかな金額の相場を把握しておきましょう。

 

3.システム開発の見積もり算出方法

システム開発における見積もりの算出方法は主に3種類あります。見積もりを依頼する際、依頼先候補である複数の企業へ算出方法を指定して出してもらうのもおすすめです。

 

類推見積(トップダウン)

類推見積は、過去に対応実績のある類似プロジェクトを参考にして見積もりを出す方法です。過去の事例を参考にするため、他の算出方法よりもスピーディーに見積もりを出すことができます。また、類似のプロジェクトをもとに算出するので発生するコストや予想工数に大きなズレが生じにくく、正確性も高いことが特徴です。しかし、依頼するシステム開発の内容をその企業が初めて対応する場合は、参考にできる事例がないためこの方法は使用できません。あくまでも過去に類似の対応実績がある企業にのみ適用できる方法であることを理解しておきましょう。

 

係数モデル(パラメトリック見積)

特定の数式モデルを使用して、それぞれの作業を数値化し見積もりを算出する方法です。例えば、製品Aを500個作る見積もりをもらいたい場合、過去のデータを参照して製品A1個を作るのにかかるコストを算出します。算出の結果、1個あたり300円のコストだとすると製品Aを500個作るためのコストは15万円となります。数学的な算出方法のため、複数社に見積もりを出しても担当者の知識や経験の違いによる金額の変動が少ないことがメリットです。その反面、過去のデータやサンプル数に依存しすぎてしまうという面もあり、サンプル数が不十分だと見積もりの精度が下がってしまうため注意が必要です。

 

ボトムアップ(工数積上げ)

システム開発で完成するシステムとそれに必要な工程や構成を想定し見積を算出する方法です。ひとつの作業工程ごとに料金を算出できるため、見積り項目の抜け漏れが発生しにくく、他の算出方法より精度が高いことが魅力です。しかし、完成するまでの工数が予想しにくい大規模なプロジェクトにこの方法は向いていません。

 

4.システム開発における一般的な見積りの項目

システム開発にかかる費用は複雑なため、見積もりを依頼する際には算出方法だけではなく、費用項目も指定するとさらに比較しやすくなります。システム開発における一般的な見積り項目としては、以下の項目が挙げられます。

 

要件定義費用

要件定義費用とは要件定義の内容を理解し、必要な機能と性能を具体的に分析・検討した上で、システムの方針や大まかな仕様を決定する際にかかる費用です。

要件定義書は、はじめに依頼側の企業がシステム開発で実現したいことや解決すべき課題・問題点などを記載した上で依頼先の企業へ提供します。認識にズレがあると依頼した通りの開発が進められないため、開発業者は要件定義書の内容をほぼ100%い近い形で理解する必要があります。

 

設計・デザイン費用

要件定義の後、具体的な作業を進めるための開発環境を設計する際に発生する費用です。基本設計やプログラミング設計の他にも、サーバーなどのインフラ整備や使用するプログラミング言語、開発期間なども検討します。

デザインに関しては、既存のテンプレートを使用することなくカスタマイズしたオリジナルのUIデザイン等を使用する場合、デザイン費用が発生します。

 

開発費用

開発費用は、システム開発に必要な人件費や技術費全般のことを言います。実際にシステム開発を行うSE(システムエンジニア)やプログラマーといった技術者と、全体の工程を管理するプロジェクトマネージャーなどの管理に関わるメンバーが必要となり、それぞれのメンバーにかかる人件費がすべて含まれます。

 

テスト・導入費用

完成したシステムがエラーや不具合なく稼働するかテスト実施する際に費用が発生します。テストは完成時だけではなく、開発途中でも複数種類、複数回実施する場合があります。

さらに、完成後システムを導入する場合にも導入費用が発生します。近年は導入費用を抑えるために、サーバーやシステム導入に必要な機器などを全てレンタルできるサービスも普及しておりそのレンタル料金などもここに含まれます。

 

受入支援・導入支援費用

完成したシステムを実務で使用するためには、既存システムに蓄積されたデータを新システムに移行する作業が必要となり、その費用を受け入れ支援費用といいます。

さらに、新しいシステム導入のためのマニュアル作成や操作手順を説明する研修会などを実施する場合、導入支援費用も発生します。しかし導入支援費用は、依頼する企業によっては導入後の無料サポートサービスとして提供していることもあるため契約前に確認してみましょう。

 

購入費用

新システムを実装するために新たなサーバーを購入・レンタルしたり、テストや動作確認用の機器を購入する場合に発生する費用です。例えば、スマートフォンなどで動作確認が必要な場合、実際に従業員が使用している社用機器を使うと業務に影響がでてしまうため、動作確認用のスマートフォンを購入しなければなりません。

 

保守費用

システム開発が完了し実装した後に発生する不具合やバグの修正、機能の改修やメンテナンスに必要となる費用です。操作方法の案内などでサポートサービスを必要とする場合、この料金も保守費用に含まれます。開発業者によっては、運用後の保守サービスをオプションとして用意していることがあります。サポートサービスが必要な場合は、見積もり依頼時にオプションとして別途料金がかかるか確認してみましょう。

 

5.見積もりを受け取った後のチェックポイント

前段で紹介した見積もりの算出方法や見積もり項目を指定した上で、複数社から見積もりをもらった際のチェックポイントを解説します。見積り内容全体を見渡してチェックする必要があるため、金額の安さだけで判断しないよう注意しましょう。

 

作業範囲が明記されているか

ある企業では見積の対象範囲が要件定義からテスト・実装まで、他の企業では基本設計からリリース後のサポートまで等、企業によって見積内に含まれる作業範囲が異なる場合があります。より正確な見積を算出するため、開発業者には見積の対象となる作業範囲を明確にしてもらうか、こちらからあらかじめ指定しておくと良いでしょう。

また、開発中に発生するトラブルやリスクを想定した上でそれをリカバリーする費用が含まれているかも重要なチェックポイントとなります。

 

開発に必要な工数が明確になっているか

依頼側がイメージした通りのシステム開発を実現するためには、開発途中での進捗管理や品質管理が非常に重要です。要件定義で提示した内容が実現されているかの確認や、認識にズレがあった場合も開発途中でそれに気づくことができれば大幅な軌道修正を防げます。そのため、見積もり金額の中に進捗管理や品質管理といった管理工数が計上されているかも確認しましょう。

設計や開発に必要な工数に気を取られてしまい、要件定義の確認や設計のために必要な事前調査にかかる費用も見落としがちです。事前調査や分析に必要な工数、費用も考慮して見積もりを出してもらうよう事前に伝えておきましょう。

 

金額に妥当性があり、責任の所在が明確になっているか

見積もりの金額を提示された際、算出されたコストや工数に不自然な点がないか、類似のシステム開発にかかる費用と差が開きすぎていないか確認しましょう。費用の項目ごとになぜその金額になるのか、妥当な金額なのかという視点でチェックを行います。もしその金額になることに疑問を感じたり不明点がある場合は、開発業者に説明をしてもらうのが良いでしょう。

トラブル発生時の責任の所在も明確化します。責任の所在が曖昧なままで開発をスタートさせると、本当にトラブルが起こった時にどちらが責任を取るかという点でさらに問題が大きくなる可能性があるためです。トラブルを必要以上に大きくしないよう、それぞれの責任の範囲を事前に明確にしておきましょう。

 

6.システム開発の見積もりを依頼する際に気をつけるべきこと

複数の企業からシステム開発の見積もりをもらい比較を行う時に注意するべきことは、要求を明確化することです。

明確になっていない部分は開発業者が想像で見積もりをすることになり、各企業の見積り金額にバラつきが出てしまいます。さらに要求が明確になっていないまま開発に着手すると、言語化されていなかった要望などが次々に浮き彫りになり、開発期間もコストも想定よりかかってしまいます。それを防ぐためにも、見積り依頼時前の段階で現場のヒアリングなどを実施し、要望を可能な限り言語化し整理しましょう。そうすることで、各企業からも項目の内訳が明確な見積もりをもらいやすく、適切な企業を選びやすくなります。

最後に、見積依頼前に各企業へ伝えるべき内容を以下にまとめました。実際に見積もりを依頼する際には参考にしてみてください。

 

【見積もり依頼時に各企業へ伝えるべき内容】

    • 見積もりの算出方法(類推見積、ボトムアップなど)
    • 見積もりの項目(設計費用、開発費用など)
    • 大まかな要件定義(システム開発でどんな課題を解決したいのか、最終的な目的など)
    • 現場から上がったシステム開発で実現したい要望など
    • 作業範囲の明確化(見積もりの料金では工程のどこからどこまでが対応範囲なのか)
    • 想定できるトラブル発生時のリスクヘッジ費用を含める
    • トラブル発生時の責任の所在を明確に線引きする(見積もり確認後に要調整)

 

7.まとめ

システム開発の見積もりを依頼する前に、社内でもいろいろなことを明確にする必要があります。要件定義だけではなく、依頼する企業と開発業者での責任の線引きなどを整理することで、理想に近い完成品を納品してくれる企業とのマッチングが可能となります。最適な業者にシステム開発を依頼できればプロジェクト自体もスムーズに進む可能性が高くなるため、事前準備はしっかりと行いましょう。

 


オフショア開発ならHBLABへご相談ください

HBLABでは、ベトナムに特化したオフショア開発サービスをご提供しております。

オフショア開発の契約関連でお困りの方は、お気軽にご連絡ください。弊社の担当者が親身になって対応いたします。

ニュース

第30回 Japan...

月 4月 26 / Naohiro Ogawa

2021年4/26(月)~28(水)に東京ビッグサイトにて予定されておりました、【第30回 Japa...

ご好評につき延長決定...

火 3月 30 / Naohiro Ogawa

先日開始しました「2021年度開発スタートダッシュキャンペーン」ですが、たくさんのお問い合わせをいた...

【延期】第30回 J...

月 3月 22 / Naohiro Ogawa

展示会延期のお知らせ:主催者より、延期の連絡がありました。ご来場を予定されていた皆様には申し訳ござい...

2021年度開発スタ...

月 3月 1 / Naohiro Ogawa

長引くコロナ禍や2025年の崖問題などの課題が取り巻く中、2021年度システム開発に取り組む企業様に...