オフショア開発 契約形態 | ラボ型 と 受諾型

オフショアは、常に日本でのIT企業の注目を集めています。なぜと言うと、安価な人材と他のメリットが沢山あるからです。もし貴社もオフショアサービスを利用するつもりがあれば、まずは企業に適当な形態を選択できるためにオフショア契約の種類をお調べいたします。さて、 オフショア開発 契約形態 | ラボ型 と 受諾型 は何でしょうか?HBLABと調べてみましょう!

オフショア契約は二つの型に分けられます。それは受諾型とラボ型です。

1. 受諾型

オフショア開発の契約形態:ラボ型

受諾型の契約とは、事前に仕様書に沿って、工数を計算し見積もり、期日までに納品する契約形態です。

  • 費用:働いた時間に対して対価が発生
  • 特徴: 契約期間中にお客様の指示に従い開発作業を実施。変更を前提とした 開発の進行が可能。
  • 最適な案件:
    • 新規サービス開発
    • 継続的な案件
    • デモアプリ、試作品開発

メリット:納品時は完全できた製品を配送して完了になるため、製品の品質と納期を確保できます。さらに、発注された会社は開発チームを担当するので、自社が管理コストと時間を削減できます。

デメリット:受諾型のデメリットとしては、途中に大きな変化があれば、大変になります。そういう時には、変更しにくく、最初からの部分を修正せざるを得ない恐れがあります。結果として、高いコストをかかりかねません。

2. ラボ型

オフショア開発の契約形態:受託型

ラボ型とは、コストを削減できて、優秀なエンジニアチームを一定期間貴社の専属チームとして確保する契約形態です。

  • 費用: 納品物に対して対価が発生
  • 特徴: 仕様書、設計書に従って開発作業を実施。仕様変更の際は、変更に伴う納期・費用の調整が随時発生。
  • 最適な案件:
    • 明確な要件に対する開発
    • 単発的な案件

メリット:ラボ型を採用する際、高い品質の人材リソースが継続的に確保できます。または、連続的に活動するので、コストダウンが可能です。さらに、作業途中に変更が発生しても、柔軟に対応できます。

デメリット:変更時に、対応しやすくても、開発時間が延びられる恐れがあります。そういう場合、変更の内容によっては、整理するのに時間がかかり、最初の予定と比べて、延長しかねません。

3. どちらの契約を選ぶべきでしょうか

オフショア開発 契約形態 | ラボ型 と 受諾型 :どちらを選ぶべきでしょうか?

 a. 受諾型を使用すべきの場合

受諾型が向くべきときは、プロジェクトが小規模で、期間が短く、管理費を抑えたい場合です。つまり、自社は仕様書が細かく設定してあり、製品の仕様に明確に変化が少ないときに、受諾型は適当な形態です。または、自社は開発チームを監督する必要がなく、管理コストを減少できます。

 b. ラボ型を使用すべき場合

中長期で開発・運用を行っていくことが想定されるプロジェクトや、作業の途中で変更が発生しやすいプロジェクト、アジャイル開発( Agile )を採用するプロジェクトなどに最も適当なのはラボ型です。即ち、プロジェクトが大規模で、仕様書の細かな内容に対して、柔軟な変化に対応することを期待するとき、この形態は最適です。

4. まとめ

オフショア開発を使用前、自社の需要と条件を考慮する必要があります。最適な手法を選択できるために、受託型なのか、ラボ型なのかを理解し、メリット・デメリットを説明してもらうことが大切です。


株式会社HBLabはベトナムでのオフショア開発を提供する企業です。多くのプロジェクトを実現して、豊富経験を得たことで、 HBLabはニーズに満たす高質品を向けてお客様の悩みをヒアリングし、応ずる型をカウンセリングし、実現できます。最高な説明を得るために私たちにご連絡ください。

株式会社HBLAB