HBLABブログ一覧

IT分野に関する基礎知識を分かりやすく解説
セールスクラウド・マーケティングクラウド・サービスクラウドの違い

セールスクラウド・マーケティングクラウド・サービスクラウドの違いを解説

初めに セールスクラウドとは、企業の営業活動を効率的に管理・支援するためのSalesforceの主要なクラウドサービスの一つです。このサービスは、営業プロセスの自動化、リードや商談の管理、データ分析など、多岐にわたる機能を提供します。これにより、営業チームはより効果的かつ生産的に活動できるようになります。 本記事では ・セールスクラウド ・マーケティングクラウド ・サービスクラウド の機能・価格・向いている企業を紹介します。 Salesforceとは Salesforceとは、1999年に設立されたクラウドベースの顧客関係管理(CRM)プラットフォームです。企業が顧客との関係を管理し、ビジネスの成長を支援するために必要なツールを提供します。Salesforceの最大の特徴は、クラウドベースであるため、インターネット接続があればどこからでもアクセスできる点です。また、高度なカスタマイズ性を持ち、企業の特定のニーズに応じて柔軟に対応できます。 1. セールスクラウドとは セールスクラウドとは、Salesforceの主要な製品の一つであり、営業活動を効率的に管理・支援するためのツールです。リード管理、商談管理、予測分析などの機能を備えており、営業チームの生産性と効率を向上させます。 1.1 セールスクラウドの主な機能 […]

セールスクラウド・マーケティングクラウド・サービスクラウドの違いを解説 続きを読む

生成Aiの産業における可能性

東京大学 松尾 豊の「生成AIの産業における可能性」を読む!

第9回AI戦略会議で松尾教授が座長を務めるAI戦略会議の資料が公開されました。資料の内容は以下の通り。 生成AIの産業における可能性が高く評価されており、日本ではAI技術を活用して産業をエンパワーし、人材の能力を引き出し、人々の生活を豊かにする取り組みが進められています。 AI技術の発展に伴い、異なるフォーマットの構造化データベースを標準化・統合する取り組みが行われており、医療分野などでのAI活用が進んでいます。 AIを利用した二次創作や三次創作が可能なプラットフォームの構築が提案されており、クリエイターの権利を尊重しつつ新たな創作の機会を生む仕組みが模索されています。 AI人材の需要の高さやリスキリングの重要性が指摘されており、デジタル・AIのリスキリングを全国民的な課題と位置付け、人材育成のためのリソース割り当てが必要とされています。 これらの取り組みを通じて、日本はAI技術の活用を通じて産業の発展や社会の課題解決に向けた取り組みを進めていることが示唆されています。

東京大学 松尾 豊の「生成AIの産業における可能性」を読む! 続きを読む

ローコード・プロコードの選び方をご紹介

企業で活用するローコード・プロコードの選び方をご紹介

はじめに ロ―コード開発は最小限のコーディングで業務アプリを開発することができる半面、複雑なアプリケーション開発となると細かな機能が実現できなくて悩んでいるという方がいるのではないでしょうか。 ローコードとプロコードを組み合わせた技術がトレンドとなっており、複雑なシステムにも対応できるようになります。 ロ―コード・プロコードとは、ローコードの直感的な操作とコーディング技術を組み合わせた技術です。 しかし、ロ―コード・プロコードツールを選ぶ際は、どのようなツールが効果的か気になる方は多いはずです。 ここでは、企業で活用するローコード・プロコードの選び方についてご紹介していきます。 ローコード・プロコードとは ロ―コード・プロコードとは、ローコードの視覚的な操作とコーディング技術を組み合わせた技術です。 アプリ開発を行う上でデジタルツールを活用する手法があり、その中でローコード・プロコードが注目されています。 ローコード開発は最低限のソースコードを適用し、GUI上で必要な機能を実装するビジネスツールです。 GUIとは、マウスやキーボードなどのタッチパネルによって視覚的な操作ができるユーザーインターフェースです。 操作面は直感的で利用することができ、IT知識を持たない方でも操作方法が習得しやすくなります。 ローコード開発はGUIの性能を活用することで、スクリプトによる自動化処理を開発することが可能です。 このツールと対比される手法として、プロコードと呼ばれる複雑なソフトウェアの開発に向けたツールがあります。

企業で活用するローコード・プロコードの選び方をご紹介 続きを読む

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・将来について解説

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・展望について解説

はじめに Microsoft 社から提供された Power Apps とは、企業内の業務を効率化するために構築されたアプリケーション開発ツールです。 Power Apps は、従来のプログラミング言語とは異なり、ローコードに加えて、ドラッグ&ドロップで開発することができます。 近年ではローコード開発であらゆる業界の企業に導入でき、IT 業界に人気のテクノロジです。 しかし、Power Apps はあらゆる業務を効率化できる側面があり、注意点があります。この記事では、Power

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・展望について解説 続きを読む

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

はじめに ローコード開発は、コーディングの手間を大幅に減らし、ビジネスユーザーでもアプリケーションを開発できるようにする技術です。この記事では、ローコード開発が注目される理由、メリットとデメリット、主要なプラットフォーム、導入事例、そして従来の開発手法との違いについて詳しく解説します。 ローコード開発とは ローコード開発とは、プログラミングの専門知識をあまり持たないユーザーでも、視覚的なインターフェースを使って簡単にアプリケーションを開発できる手法です。ドラッグアンドドロップでの要素の配置や、事前に用意されたテンプレートやモジュールを活用することで、コードをほとんど書かずにアプリケーションを構築できます。 ローコード開発が注目される3つの理由 ローコード開発は、多くの企業にとって非常に魅力的な選択肢となっています。この技術は、特に以下の3つの理由から注目されています。 開発速度の向上 ローコード開発は、従来の手動コーディングに比べて開発速度を大幅に向上させます。直感的なドラッグアンドドロップのインターフェースを使用することで、開発者は迅速にプロトタイプを作成し、短期間で製品を市場に投入することが可能です。この迅速な開発サイクルは、競争の激しい市場での優位性を確保するために非常に重要です。 コスト削減 ローコード開発は、コスト効率が高いことも大きなメリットです。開発時間の短縮により、プロジェクトの総コストを削減できます。また、専門のプログラマーが不要なため、人件費も抑えられます。さらに、システムのメンテナンスやアップデートも容易であり、長期的なコスト削減が見込めます。 デジタルトランスフォーメーションの促進 デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、企業は業務のデジタル化を急速に進めています。ローコード開発は、非技術者でもアプリケーションを開発できるため、部門ごとのニーズに迅速に対応できます。これにより、全社的なDXの推進が加速し、ビジネスプロセスの効率化や新たなビジネスモデルの構築が容易になります。 ローコード開発は、これらの理由から多くの企業で採用が進んでいます。次に、ローコード開発のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。 ローコード開発のメリットとデメリット

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説 続きを読む

ディープラーニング(Deep Learning)とは?その種類や活用範囲について

ディープラーニング(Deep Learning)とは?その種類や活用範囲について

初めに 近年、Deep Learning(ディープラーニング)は、人工知能(AI)や機械学習の分野において驚異的な進展を遂げています。この技術は、多層のニューラルネットワークを使用して、大量のデータから特徴を自動的に抽出し、複雑な問題を解決する能力を持っています。本記事では、ディープラーニングの概要、特徴、種類、およびその応用分野について詳しく説明します。 Deep Learning(ディープラーニング)とは? ディープラーニングとは、人間の脳の仕組みに触発されたアルゴリズムやモデルを使用して、大規模なデータセットからパターンや特徴を学習する技術です。ディープラーニングの中心的な概念は、多層のニューラルネットワークを用いて、複雑な非線形関係をモデル化することです。 ディープラーニングは、画像認識、音声認識、自然言語処理など、様々な領域で驚異的な成果を上げています。特にディープラーニングは、伝統的な機械学習手法では難しかった高度な特徴の抽出や問題の複雑性に対処するのに非常に有効です。また、大規模なデータセットを用いることで、ディープラーニングモデルは高い精度で予測や分類を行うことができます。 ディープラーニングの主な特徴 ディープラーニングの主な特徴は以下となります。 多層のニューラルネットワーク ディープラーニングでは、複数の隠れ層を持つ深層ニューラルネットワークが使用されます。これにより、複雑な問題を解決するための高度な特徴抽出が可能となります。 大量のデータからの学習 ディープラーニングモデルは、数百万から数十億のデータポイントから学習します。これにより、モデルは豊富な情報をもとにパターンを抽出し、問題を解決するための知識を獲得します。 自動的な特徴抽出

ディープラーニング(Deep Learning)とは?その種類や活用範囲について 続きを読む

ノーコード・ローコードの比較を解説

ノーコード・ローコードの比較を解説

近年、ノーコード・ローコードという言葉が注目を集めています。これらは従来のプログラミングスキルが必要だったアプリケーション開発やウェブサイト構築を、ビジュアルな操作やドラッグアンドドロップで誰でも行えるようにする技術です。特にビジネスのデジタル化が進む中で、これらのツールはその柔軟性と効率性から多くの企業や個人にとって重要な役割を果たしています。 本記事では、ノーコードとローコードの違いや、それらが今なぜ求められているのかについて掘り下げていきます。 ノーコード・ローコードとは ノーコード(No-code)およびローコード(Low-code)とは、プログラミングの専門知識がなくてもアプリケーションやソフトウェアを開発できるようにするためのアプローチやツールのことを指します。以下に、それぞれの概要を説明します。 1. ノーコード(No-code) ノーコードとは、文字通り「コードを書かない」ことを意味します。ノーコードプラットフォームとは、ユーザーが視覚的なインターフェースを使ってアプリケーションを構築できるように設計されています。これにより、プログラミングの知識がなくてもアプリ開発が可能です。主な特徴は以下の通りです。 視覚的な開発環境:ドラッグ&ドロップのインターフェースを使用してアプリケーションを構築します。 プリセットのコンポーネント:事前に定義された機能(フォーム、データベース接続、ワークフローなど)を組み合わせてアプリを作成します。 迅速なプロトタイピング:アイデアを迅速に形にし、テストすることができます。 2. ローコード(Low-code) ローコードとは、ある程度のプログラミングを必要とするが、従来の手法よりもはるかに少ないコード量で開発を行うアプローチです。ローコードプラットフォームは、開発者が簡単に使用できるツールを提供し、手動でのコーディングを最小限に抑えます。主な特徴は以下の通りです。 視覚的な開発環境:ノーコードと同様に、ドラッグ&ドロップのインターフェースを提供します。

ノーコード・ローコードの比較を解説 続きを読む

経済産業省のDxレポート

経済産業省の「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」を読む!

経済産業省が発表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」は、日本企業が直面するデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状と課題を明らかにし、その解決策を提示する重要な文書です。 本レポートは、経営戦略の見直し、既存システムの課題、ユーザ企業とベンダー企業の関係性、情報サービス産業の現状など、多岐にわたるテーマを包括的に取り上げています。DXの推進は、企業の競争力を高め、持続可能な成長を実現するために不可欠であり、具体的な対応策の検討と実行が求められています。 本レポートは、DXの重要性とその推進に向けた具体的な指針を提供するものであり、日本企業が直面する「2025年の崖」を克服するための道標となることを目指しています。 DXの推進に関する現状と課題 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に関する現状と課題では、①経営戦略、②既存システム、➂経営層・各部門・人材の課題、④ユーザ企業とベンダー企業の関係、⑤情報サービス産業の課題、⑥DX未推進の影響などが議論されています。DXを実行する上での経営戦略において、現状と課題が明らかにされており、既存システムにおける課題やユーザ企業内での課題も指摘されています。 また、ユーザ企業とベンダー企業の関係や情報サービス産業が抱える課題にも焦点が当てられています。DX推進の重要性や未推進の影響についても議論が行われており、現状を踏まえた課題解決の必要性が示唆されています。対応策としては、DX推進システムガイドラインの策定やITシステム構築におけるコスト・リスク低減策、DX人材の育成・確保などが提案されています。 今後の検討の方向性についても、DX推進に向けた取り組みや課題解決の方針が示されています。 対応策の検討 対応策の検討では、複数の具体的なアプローチが提案されています。まず、①「DX推進システムガイドライン」の策定が挙げられており、DXを推進するための具体的な指針や方針を整備することが重要視されています。 また、②「見える化」指標や診断スキームの構築も重要視されており、DXの進捗状況や課題を可視化し、適切な対策を講じるための仕組みづくりが提案されています。さらに、➂DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策も検討されており、効率的かつ効果的なシステム構築を目指す取り組みが示されています。 その他にも、④ユーザ企業とベンダー企業の新たな関係構築や⑤DX人材の育成・確保、⑥ITシステム刷新の見通し明確化など、様々な側面からの対応策が提案されています。これらの対応策を実行することで、DXの推進を効果的に進めるための基盤が整備されることが期待されています。 まとめ 本レポートを通じて、DX推進に関する現状と課題を明らかにするとともに、具体的な対応策を提案してきました。DX推進は、単なるITシステムの刷新にとどまらず、企業全体の経営戦略や組織体制、人材育成に至るまで包括的な変革を必要とします。特に、DX未推進の影響は企業の競争力を著しく低下させるリスクがあるため、迅速かつ効果的な対応が求められます。

経済産業省の「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」を読む! 続きを読む

0 【最新版】It業界でのトレンド・ニュース

WWDC24(Apple Worldwide Developers Conference)の最新技術が発表されました!

Appleの年に一度の祭典、世界開発者会議(WWDC)2024が6月10日から14日にかけて開催されました。今年はオンライン開催でしたが、Apple Parkでのスペシャルイベントも開催され、世界中の開発者やAppleファンが熱狂しました。 今回のWWDCでは、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSに加え、Apple初の空間コンピューティングプラットフォームであるvisionOSなど、Appleのエコシステム全体にわたる革新的なアップデートが発表されました。特に注目すべきは、Apple Intelligenceの発表です。これは、Appleデバイス全体でAIを活用し、よりパーソナルで直感的な体験を提供するものです。 ① AIがAppleデバイスをさらにスマートに Apple Intelligenceは、Appleデバイス全体でAIを活用し、ユーザーの行動パターンや好みに合わせて、よりパーソナルな体験を提供するものです。例えば、Siriは、ユーザーの質問や要求をより正確に理解し、適切な回答やアクションを提供できるようになります。また、写真アプリでは、AIが自動的に写真を整理したり、編集したりすることができます。 ② SiriがChatGPTでさらに賢く Appleは、OpenAIと提携し、ChatGPTをSiriに統合することを発表しました。これにより、Siriは、より自然な会話が可能になり、複雑な質問にも対応できるようになります。例えば、「今日の天気はどう?」といった簡単な質問だけでなく、「おすすめのレストランを教えて」といった複雑な質問にも、Siriは適切な回答を提供できるようになります。 ➂ iOS 18: AIでさらにパーソナルに iOS 18では、メッセージ、写真、Safariなどの主要アプリに生成AI機能が搭載されました。これにより、メッセージの作成や写真の編集がより直感的になり、Safariでの情報収集も効率化されます。また、自動修正機能の強化や新しい絵文字の追加など、細かなアップデートも多数行われました。

WWDC24(Apple Worldwide Developers Conference)の最新技術が発表されました! 続きを読む

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説

はじめに Xcodeとは、iPhoneやiPadアプリの開発において重要な統合開発環境です。 Xcodeは、ストーリーボードで直感的な操作で開発したアプリのテスト環境も搭載されているのが特徴です。 アプリ開発において、SwiftやObject-Cなどをはじめとした言語が対応しており、コーディングがシンプルになります。 しかし、Xcodeは機能が豊富な半面、パソコンのメモリが消費しやすいなどの対処が存在します。 そのため、アプリ開発を行う上でXcodeとはどのような統合開発環境なのかしっかり認識することが大切です。 この記事では、Xcodeの特徴やインストール時の注意点などについて詳しくご紹介していきます。 Xcodeとは Xcode(エックスコード)とは、Apple社が提供している公式の統合開発環境です。 Xcodeは、プログラミング開発に必要なテキストエディタやコンパイル・デバッガなどが用意されています。 プログラミング開発において、初心者でもエディタが直感的でカスタマイズ性が高いのが特徴です。 Xcodeは統合開発環境でSwiftやobject-Cをはじめとした言語でのアプリ開発を目指しています。 アプリ開発でコードの要所にレビューしたりシミュレーターで挙動などの確認ができるため、実機でテストを行う必要がないのがポイントです。 XcodeはGitが統合されており、ソースコードの変更履歴や内容の比較などが管理できます。

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説 続きを読む

Scroll to Top