オフショア 開発とは? オフショアの問題を解説

昨今、オフショア開発は経営のトレンドの一つをよく言われます。では、オフショアは何でしょうか? または、オフショアを利用する際、どんな問題が起きるのでしょうか。HBLabはこれらの悩みごとは以下に答弁を提供しております。

オフショア 開発とは?

オフショア 開発とは?

オフショア開発はシステムの開発や応用管理業務を海外に委託・発注することです。

安価な人材の雇用でコストパフォーマンスを削減可能が一つの大きなメリットですが、オフショアサービスを使用するときには次の点を三つ注意する必要があります。

1. 遠隔での作業

遠隔での作業

管理者は開発チームから遠く離れている場所にいることが多いので、プロセスや仕事の進度を直接に指導しにくいかもしれません。


この問題に対応は両方のコミュニケーションが具体の明確なレポートを通し、WherebyZoomGoogle Hangoutなどのオンライン通話ソフトウェアを積極的に使用することです。


可能であれば、出張でプロジェクトチームの訪問を行います(大規模プロジェクトの場合)。

2. アイディアと資料の共有

上で書いたの通りは、オフショア開発は海外の人材を採用します。そのため、お互いに直接の発想共有は難しく、ビデオコールを使っても不安定な通信やビデオでは、言い表しにくいことによって、情報をちゃんと伝えられない恐れがあります。


この問題を避けるために、開発用の資料は詳細で明確な方が両側は開発している機能を汲み取りやすく、期待通りに効果を得ることができます。

3. 言語問題

オフショア開発の問題:言語問題

オフショアサービスを使用するとき、コミュニケーションは最も大切な難しい問題です。言語と文化差異を理由として双方同士の勘違いが生じられます。


この問題を解決するためには、情報交換のための直接会議が行う必要があります。さらに、プロジェクトにおいて、コミュニケーター/ ブリッジSEの役割は、双方が情報を結びつけるために非常に重要であり、プロジェクトが、元のアイデア通りに実行されることを保証します。

まとめ

オフショア開発を利用する際、顧客は遠隔での管理や言語問題などを直面しかねないとはいえ、最適な解決をすればこのサービスのメリットを享受できます。緊密な進展状況のレポート管理や、高品質な開発チームとコミュニケーター/ ブリッジSEチームを有する企業との連携などがございます。