Https://Drive.google.com/File/D/1Pvf-Z9Kjm53Dn4Lv4Pm4W1Ynmuibyoq-/View?Usp=Drive_Link

ベトナムでオフショア開発を成功させる方法を解説

オフショア開発とは、海外の子会社や開発会社にシステム開発や運用保守などの業務を委託する開発手法です。 海外ではアメリカと中国、ベトナムといった国がそれぞれオフショア開発を行う会社が増えてきます。 その中でベトナムがIT企業の経済成長が盛んな理由は、人材の教育を推進していることが挙げられます。 スマホアプリ開発やソフトウェア開発などは日本で請け負うことが一般的ですが、ベトナムでは先端技術の高度なレベルを持った人材が多いのが特徴です。 オフショア開発では、製造業やソフトウェア業界、物流業界など幅広い業界のシステムの開発の成功事例が増えています。 しかし、オフショア開発を行うにあたって、日本とベトナムでの言語と文化的な壁があるのが課題となっています。 本記事では、ベトナムでオフショア開発を成功させる方法についてご紹介していきます。 オフショア開発とは […]

ベトナムでオフショア開発を成功させる方法を解説 続きを読む

オフショア・オンショア・ニアショア

【2023年版】オフショア・オンショア・ニアショア開発を徹底解説!

初めに オフショア、オンショア、そしてニアショア開発の分野は、ITおよびソフトウェア開発の世界においてますます重要性を増しています。企業はグローバルな市場で競争し、効率的なソフトウェア開発プロセスを確立する必要があります。 この記事では、オフショア、オンショア、ニアショア開発の基本から将来まで、徹底的に解説します。 オフショア・オンショア・ニアショアとは オフショア開発とは、時差のある遠隔国へのアウトソーシングを指します。日本にとってのオフショアの場所はベトナムです。 オンショア開発とは、同じ国内にあるサービスプロバイダへのアウトソーシングを指します。 ニアショア開発とは、近くに位置し、時差も似ている国へのアウトソーシングを指します。日本にとってのニアショアの場所は韓国です。 ※関連記事

【2023年版】オフショア・オンショア・ニアショア開発を徹底解説! 続きを読む

Retail-Tech-2023

リテールテック大阪2023出展のご案内

エイチビーラボジャパンはリテールテック大阪 2023に出展いたします。 何卒ご来臨賜りますようお願い申し上げます!   弊社は、2023年7月20日(木)~21日(金)の2日間、インテックス大阪で開催される第3回リテールテック大阪 2023(1号館 RT24)に出展いたします。 リテールテック大阪では、POSなどの決済・キャッシュレス関連、データ活用、ES向上やHRなどの働き方改革、IoT機器の活用、デジタルマーケティングなど、生産性向上や購買行動変化への対応に必須である流通DXの最前線が展示されます。展示会における出展ブースでは、各企業ごとにその特徴の理解・判断、今直面している課題についての相談、システム開発・導入の見積りなどが行われます。

リテールテック大阪2023出展のご案内 続きを読む

Hblab-Free-Campaign

【期間限定】無料アプリデモ・日本人サポートでDX推進・内製化を支援するキャンペーン実施中

2023年度DX推進・内製化に取り組む企業様にお応えすべく、株式会社HBLABは「無料アプリデモ・日本人サポート」キャンペーンを実施いたします。 2023年4月3日(月)〜2023年5月31日(水)までの間、ご契約いただいた場合、最大85万円、または30%のコストを削減できます。 オフショアパートナーとの連携が初めてのお客様でも、トライアルとして試しやすい価格でキャンペーンをご紹介します。 是非この機会にお試しください。 こんな方におすすめ ・高額なシステム開発のコストを抑制したい ・グローバル人材を活用する際のコミュニケーションの齟齬を懸念している ・追加料金なしで品質を確認するためのアプリケーションデモが必要

【期間限定】無料アプリデモ・日本人サポートでDX推進・内製化を支援するキャンペーン実施中 続きを読む

7

★第32回 Japan IT Week 春★にてソリューションご紹介

株式会社エイチビーラボジャパンは、2023年4月5日(水)〜 7日(金)の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「第32回 Japan IT Week 春」内の専門展「ソフトウェア&アプリ開発展」に出展いたしました。 会期中は天候にも恵まれ、展示会には3日間にわたって多数の方にご来場くださり盛会裡に終了することができました。以前HBLABのソリューションを導入頂きましたお客様も弊社ブースにお越しいただきました。 弊社ブースにご来場いただきました皆様、ご多忙の折にもかかわらず足をお運びいただき誠に誠に有難うございました。

★第32回 Japan IT Week 春★にてソリューションご紹介 続きを読む

Logo Partner Program Gold

【お知らせ】HBLABはISTQB®「ゴールドパートナー」に認定

2023年1月、株式会社HBLABはグローバルなインプリントを持つ主要なソフトウェア テスト品質認証の運営組織であるISTQBより、「ゴールドパートナー」として正式に認定されました。 ISTQBの「ゴールドパートナー」になるためには、HBLABは下記の認定ポイント数と付帯条を満たす必要があります。 70%以上のサービスを提供する従業員または外部コンサルタントが保有する証明書を通じて取得した14以上の認証ポイント 最低1名のISTQB上級レベル認定者 ISTQBのパートナーシップレベルをアップし、お客様に最高のテスティングサービスを提供することを目標に、HBLABは厳しい審査基準を満たす有能なテスターのチームを構築するよう努めてきました。多数のHBLABテスターは、ベトナムトップ理系総合大学出身から採用されています。社員の専門知識の向上を支援するために、HBLABはISTQB Foundation、Test Techniquesなどの社員研修コースを設計し、テスターが資格を取得した後に受験料と合格報奨金を支給します。

【お知らせ】HBLABはISTQB®「ゴールドパートナー」に認定 続きを読む

24P03601 Scaled 1

「突破・Break Through」忘年会:HBLABの2022年閉年の行事

HBLAB は、2022年の困難な「Go Global」道のりを振り返り、2023年の輝かしい新年を迎え、1月12日に「突破・Break Through」忘年会を開催しました。 忘年会のオープニングでは、この1年間で優れた成果を上げた社員と部署が表彰され、最優秀社員賞、年功の名誉賞、最優秀プロジェクト、最優秀部門賞、などの賞を受賞しました。 忘年会では、昨年一年のご厚誼に対し御礼のご挨拶を申し上げたく、日ごろからお世話になっている皆様方もお招きしました。ベトナムと日本両国からのお客様とパートナー様のご出席は、忘年会がより有意義で行いました。感謝の気持ちを伝えるため、HBLAB取締役会のメンバーは、お客様とパートナー様に特別な贈り物を贈りました。 HBLABの成長にとって、会社員、お客様、パートナー様の協力が不可欠であるため、HBLABの取締役会メンバーとマネージャー全員が同時にお辞儀をして、感謝を伝えました。 感謝を伝える活動に加えて、HBLABの会社員、取締役会のメンバーおよびお客様、パートナー様、すべての出席者は「力を協同」を示す活動に一緒に参加しました。一人一人が小さな旗を持っており、HBLAB代表のグエン・フイ・タンは山の頂上でプロジェクトの成功を象徴する大きな旗を振っていました。

「突破・Break Through」忘年会:HBLABの2022年閉年の行事 続きを読む

Img 8307

独自のブリッジエンジニア育成プログラムをRiki社と共同で構築

  オフショア開発上のコミュニケーション力の課題へフォーカス グローバル人材を採用する際、多くの日本企業にとって最大の懸念の1つはコミュニケーションです。 グローバル人材は、技術力は非常に強いものの、日本語でのコミュニケーション、特に論理的思考力や表現力が弱点です。 また、グローバル人材の日本文化をよく理解していないことも、両社のプロジェクト実施を妨げる障壁の1つです。 「オフショア開発白書(2022年版)」の調査によると、オフショア開発企業における課題は、技術力、価格、品質管理など、特に「コミュニケーション力」という回答が多数(回答した者が約123/196人)。 Topクラスの日本語センターRikiとの連携 利益よりも社員の成長を重視する哲学から「People

独自のブリッジエンジニア育成プログラムをRiki社と共同で構築 続きを読む

Img 8307

【HBLABxRiki】ブリッジSE養成コースを開講

課題の背景 ・開発者の弱点は論理的に問題を伝え、提示することである ・優れた開発者と日本語とITトレーニングを受けた学生は、将来的にBrSEに成長したいと思うことがよくあるが、プロジェクトにおけるBrSEの役割をまだ理解していない ・オフショア会社で日本の顧客と一緒に仕事をしているが、ベトナムの考え方を取り入れて仕事をしていると、顧客を不満にさせるのはよくある BrSE養成プログラムについて HBLABは、Riki Nihongoセンターと連携し、初めてのブリッジSEトレーニングコースを開講し、過去2.5ヶ月で目覚ましい成果を挙げた。 受講生の対象

【HBLABxRiki】ブリッジSE養成コースを開講 続きを読む

Scroll to Top