Chatgptのアーキテクチャ

ChatGPTの学習データのアーキテクチャ・ビジネス活用を解説

ChatGPTは、人工知能(AI)の分野で革新的な技術の1つです。その性能と利用可能性は、学習データの品質と量に直接影響されます。この記事では、ChatGPTの学習データのアーキテクチャ、メリット・デメリット、その入手方法とChatGPTのビジネス活用について探求します。 ChatGPTとは ChatGPTは、OpenAIによって開発された自然言語処理モデルの一つです。このモデルは、大規模なテキストデータセットを使用してトレーニングされ、人間のように自然な対話を行うことができます。 ChatGPTは、言語理解と生成の能力を持ち、さまざまな応用分野で活用されています。例えば、チャットボットや仮想アシスタントとしての利用、文章の自動生成、言語理解タスクの解決などに役立ちます。 このモデルは、深層学習技術を基盤としており、大量のデータからパターンや文脈を学習し、その知識を活用して言語処理を行います。ChatGPTは、インターネット上の様々なコンテンツから学習されたため、幅広いトピックに対応する能力を持っています。 ChatGPTは、人間との対話や文章生成において高い性能を発揮し、その応用範囲は広がる一方です。今後も、より高度な自然言語処理モデルの開発と活用が期待されています。 ChatGPTに自社データを学習させるメリット・デメリット 自社のデータをChatGPTに学習させることには、いくつかのメリットとデメリットがあります。 […]

ChatGPTの学習データのアーキテクチャ・ビジネス活用を解説 続きを読む

チャットGpt

ChatGPTとは?導入事例についてご紹介!

初めに ChatGPTとは、OpenAIが開発した自然言語処理に特化したチャットサービスです。 ChatGPTはIT企業やコールセンターなどあらゆる業界で取り入れており、既に業務の一部として活用されている企業も少なくありません。 特に文章生成や業務マニュアルの作成、プログラミングなど幅広い分野にビジネスとして活用されているのも例です。 しかし、ChatGPTを利用する際、情報が最新ではなかったり情報漏洩のリスクがあります。 業務にAIを導入する上で、セキュリティ上と情報の取り扱いに注意することが必要です。 本記事では、ChatGPTの特徴と導入事例について詳しくご紹介していきます。 ChatGPTとは

ChatGPTとは?導入事例についてご紹介! 続きを読む

ChatgptのCode Interpreter

ChatGPTのCode Interpreter新機能が登場!コーディングをさらに効率化

  OpenAIのChatGPTは、Code Interpreterに新機能を追加し、コーディング体験をさらに向上させました。この新機能により、開発者やプログラマーはどんなプログラミング課題も効率的に解決できるようになります。本記事では、ChatGPTのCode Interpreterの新機能について詳しく解説し、どのようにしてコーディングプロジェクトを簡略化できるかをご紹介します。 ChatGPTのCode Interpreterは、開発者にとって非常に有用なツールとして広く認識されています。コードスニペットの生成、プログラミングのヒント、エラーメッセージの理解など、さまざまなタスクをサポートします。そして、新機能の追加により、このツールはさらにパワーアップしました。 新機能1: 複雑なアルゴリズムの説明

ChatGPTのCode Interpreter新機能が登場!コーディングをさらに効率化 続きを読む

Chatgpt-Vs.-Wantedly

ビジネスSNS「Wantedly」がChatGPTプラグインの提供開始

ビジネスSNS「Wantedly」は、米OpenAI社の対話型AI「ChatGPT」向けの機能拡張ツール「ChatGPTプラグイン」の提供を開始し、Wantedlyに掲載されている募集情報をChatGPT上で検索可能になります。 WantedlyのChatGPTプラグインについて ChatGPTプラグインを活用すると、ビジネスSNS「Wantedly」の募集情報をChatGPT上で簡単に検索できます。プラグインを有効にして職種や勤務地、興味関心を入力すると、約10万件の募集からおすすめの募集を一覧表示し、募集ページに移動してカジュアル面談を申し込むことができます。ChatGPTとの対話で新しいキャリア選択肢や検索では見つからなかった企業との出会いがあるかもしれません。 ※ChatGPTのプラグイン機能は、有料プランである「ChatGPT Plus」に登録している方のみが利用可能です。 ChatGPTについて ChatGPTは、テキスト入力(プロンプト)に対する人間らしい会話の出力(応答)を生成するチャットボットアシスタントとして機能するように設計された、OpenAIによって開発された大規模言語モデル(LLM)です。 Wantedlyについて

ビジネスSNS「Wantedly」がChatGPTプラグインの提供開始 続きを読む

チャットGptを活用したコンテンツ制作及び自動回答ツール

チャットGPTを活用したコンテンツ制作及び自動回答ツール

前回の記事で紹介したUnit Test作成アプリケーションに加え、HBLABで2023年4月に開催される社内コンテストでは、コンテンツを自動制作及び質問に自動回答するツールの「HBBOT」も注目の製品のひとつです。 本記事では、本製品の機能と、業務の効率化、コスト削減などのそのメリットをご紹介します。 本アプリの開発を選択した背景 コンテストチームは、弊社のビジネスにおいて以下の2つの主要な課題を認識したため、この課題の解決に役立つツールを選択しました。 ① 現代のビジネスにおいて、PR・​ブログ記事​、メールマガジン等の魅力的で様々なコンテンツの作成がブランディングと顧客エンゲージメントの重要な要素となっています。しかしながら、このプロセスにはマーケティングチームの多大な労力と時間が必要となります。また、コンテンツの制作、英語・日本語への翻訳、編集、継続的な改善といったワークフローは、作業プロセスの中で多くの手間と時間がかかります。 ②

チャットGPTを活用したコンテンツ制作及び自動回答ツール 続きを読む

Scroll to Top