【最新版】IT業界でのトレンド・ニュース

2023年12月28日

1. AWS re:Invent 2023

Aws

AWS、Amazonのクラウドインフラ部門は、11月27日(米国時間)にラスベガスで開催された年次開発者会議「re:invent 2023」で、同社独自の企業向けチャット「Amazon Q」を中心とした発表を行いました。

生成AIに関しては、日本から見るとOpenAIとマイクロソフトが主導しており、AWSやGoogleなど他のクラウドインフラ・プラットフォームは遅れをとっているという印象を受けるかもしれません。しかし、AWSはそのイメージを払拭しようとしており、「生成AIの時代」への対応を強化しています。データストレージから大規模データベースの構築、解析まで、AWSが提供する技術・サービスの幅は広範です。

「re:invent」というイベントの名前を通じて、セリプスキーCEOは、それぞれの技術をどのように組み合わせ、新しい技術で課題を解決していくのかにフォーカスすることを強調しています。

詳しく読む:https://reinvent.awsevents.com/

2. LINEヤフーが44万件の個人情報漏洩

Lineヤフー

LINEヤフーは2023年11月27日、メッセージアプリ「LINE」の利用履歴や取引先メールアドレスなど44万件超(推計値を含む)の個人情報が漏洩したと発表しました。同年10月9日、関係会社である韓国NAVER Cloudのシステムを介して第三者による不正アクセスを受け、情報が漏洩しました。ユーザーに関する個人情報は30万2569件(日本のユーザー:12万9894件)で、推計値4万9751件(日本:1万5454件)を含みます。また、漏洩した個人情報のうち、通信の秘密に該当する情報は2万2239件(日本:8981件)で、推計値3573件(日本:31件)を含んでいます。NAVER Cloudの委託先企業のPCがマルウェアに感染したことが発端と説明されています。

詳しく読む:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20231128_18/

3. Googleが「Gemini」の最初のバージョンを発表

Gemini

米Googleは12月6日(現地時間)、Google I/Oで予告したマルチモーダルな生成AIモデル「Gemini」の最初のバージョンを発表しました。Googleによると、Gemini Ultraは、32のベンチマークのうち30で、競合する米OpenAIのGPT-4よりも性能で上回ったとのことです。

Gemini 1.0は「Ultra」「Pro」「Nano」の3つのサイズで提供されます。「Pro」は同日から生成AIボット「Bard」の英語版に搭載されます。また、「Nano」は同社のハイエンドAndroidスマートフォン「Pixel 8 Pro」に搭載される予定です。Pixel 8 Proでは、「レコーダー」アプリの要約強化や、「Gboard」のスマートリプライに展開されるとされていますが、日本語対応は未定です。

最大サイズである「Ultra」はまだ「さらなる改良」が行われており、2024年に開発者や企業向けに公開する予定です。また、2024年にはGemini Ultraで稼働する「Bard Advanced」もリリースされる予定です。

詳しく読む:https://blog.google/technology/ai/google-gemini-ai/#availability

 

人気の投稿

著者

お問い合わせ

個人情報の取扱いに関する確認事項を必ずお読みの上、お問い合わせ下さい。は必須入力項目です。

Scroll to Top