ローコード・プロコードの選び方をご紹介

企業で活用するローコード・プロコードの選び方をご紹介

はじめに ロ―コード開発は最小限のコーディングで業務アプリを開発することができる半面、複雑なアプリケーション開発となると細かな機能が実現できなくて悩んでいるという方がいるのではないでしょうか。 ローコードとプロコードを組み合わせた技術がトレンドとなっており、複雑なシステムにも対応できるようになります。 ロ―コード・プロコードとは、ローコードの直感的な操作とコーディング技術を組み合わせた技術です。 しかし、ロ―コード・プロコードツールを選ぶ際は、どのようなツールが効果的か気になる方は多いはずです。 ここでは、企業で活用するローコード・プロコードの選び方についてご紹介していきます。 ローコード・プロコードとは ロ―コード・プロコードとは、ローコードの視覚的な操作とコーディング技術を組み合わせた技術です。 アプリ開発を行う上でデジタルツールを活用する手法があり、その中でローコード・プロコードが注目されています。 ローコード開発は最低限のソースコードを適用し、GUI上で必要な機能を実装するビジネスツールです。 GUIとは、マウスやキーボードなどのタッチパネルによって視覚的な操作ができるユーザーインターフェースです。 操作面は直感的で利用することができ、IT知識を持たない方でも操作方法が習得しやすくなります。 ローコード開発はGUIの性能を活用することで、スクリプトによる自動化処理を開発することが可能です。 このツールと対比される手法として、プロコードと呼ばれる複雑なソフトウェアの開発に向けたツールがあります。 […]

企業で活用するローコード・プロコードの選び方をご紹介 続きを読む

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・将来について解説

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・展望について解説

はじめに Microsoft 社から提供された Power Apps とは、企業内の業務を効率化するために構築されたアプリケーション開発ツールです。 Power Apps は、従来のプログラミング言語とは異なり、ローコードに加えて、ドラッグ&ドロップで開発することができます。 近年ではローコード開発であらゆる業界の企業に導入でき、IT 業界に人気のテクノロジです。 しかし、Power Apps はあらゆる業務を効率化できる側面があり、注意点があります。この記事では、Power

Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・展望について解説 続きを読む

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説

はじめに Xcodeとは、iPhoneやiPadアプリの開発において重要な統合開発環境です。 Xcodeは、ストーリーボードで直感的な操作で開発したアプリのテスト環境も搭載されているのが特徴です。 アプリ開発において、SwiftやObject-Cなどをはじめとした言語が対応しており、コーディングがシンプルになります。 しかし、Xcodeは機能が豊富な半面、パソコンのメモリが消費しやすいなどの対処が存在します。 そのため、アプリ開発を行う上でXcodeとはどのような統合開発環境なのかしっかり認識することが大切です。 この記事では、Xcodeの特徴やインストール時の注意点などについて詳しくご紹介していきます。 Xcodeとは Xcode(エックスコード)とは、Apple社が提供している公式の統合開発環境です。 Xcodeは、プログラミング開発に必要なテキストエディタやコンパイル・デバッガなどが用意されています。 プログラミング開発において、初心者でもエディタが直感的でカスタマイズ性が高いのが特徴です。 Xcodeは統合開発環境でSwiftやobject-Cをはじめとした言語でのアプリ開発を目指しています。 アプリ開発でコードの要所にレビューしたりシミュレーターで挙動などの確認ができるため、実機でテストを行う必要がないのがポイントです。 XcodeはGitが統合されており、ソースコードの変更履歴や内容の比較などが管理できます。

Xcodeとは?ツールの特徴や注意点を解説 続きを読む

業界で活躍しているローコード開発プラットフォームを10選解説

業界で活躍しているローコード開発プラットフォームを12選解説

はじめに ロ―コードプラットフォームとは、コーディングをほとんど使わずに開発する必要な環境です。 近年、ローコードは多くの企業で定型業務の効率化するために導入されているのがトレンドとなっています。 ローコードプラットフォームは、ドラッグ&ドロップによって必要な機能やコンポーネントをシンプルに配置できるのが特徴です。 一方、企業でどのようなローコードプラットフォームが導入されているのか気になる方は多いはずです。 本記事では、業界で活躍しているローコード開発プラットフォームやメリットについてご紹介していきます。 ローコードプラットフォームとは ローコードプラットフォームとは、ローコードで高度なプログラミングスキルを持たない方でも開発できる手法です。 そもそもローコードとは、アプリやWebサイトを開発するにおいてソースコードでの記述の必要がないツールです。 ロ―コード開発プラットフォームは、プログラミング言語のコーディングで書く必要がなく、GUI上からWebアプリの必要な機能を追加できるのが特徴です。 必要な機能を雛形から当てはめていくだけなので、開発期間や費用を大幅に削減しやすくなります。 ローコードプラットフォームを採用すべき理由 ロ―コードプラットフォームは、従来型開発と異なり、開発スピードが向上することです。 これまではアプリ開発を行うとき、要件定義からコーディング・テストなどと開発工程で進めることが必要でした。

業界で活躍しているローコード開発プラットフォームを12選解説 続きを読む

Ai開発

AIとは?AI開発の流れと事例を解説

AI開発とは(Artificial Intelligence)の略語で、日本語では人工知能と呼ばれるシステムです。 人間と同様に学べるシステムで、現代は機会学習などの技術が考えるデータに基づいた判断も行っています。 現在、AIの技術は発展途上にあり、翻訳や自動運転、医療システムなどあらゆる業界に活用されているが事例です。 しかし、AI開発はシステムを実現するだけでなく、実現後も保守的に行いながら精度を高める必要があります。 この記事では、AI開発の流れと事例について詳しくご紹介します。 AIとは AIとは(Artificial Intelligence)の略で、日本語では人工知能と呼びます。 AIは人間の言葉の理解や行動をコンピュータに学習させることにより、自動運転や音声認識、顔認証、予報予測などの開発が挙げられます。 特に顔認証機能では、社内のドアにカメラや赤外線センサーで顔情報を識別し、データベースに保存されている情報と照り合わせることも一つの例です。 AIの人工知能を協議した技術は、あらゆる業界の企業に提供されているのがポイントです。 業務の一部を自動化やデータ分析が勝手に、労働環境の改善などが実現できるようになります。 AIを導入するメリット

AIとは?AI開発の流れと事例を解説 続きを読む

Power AppsとPower Automateの活用事例を解説

Power AppsとPower Automateが提供している活用事例を解説

はじめに Power AppsとPower Automateは、Power Platformの一つで多くの企業で話題となっているMicrosoftツールです。 Power Appsはローコードでアプリ開発ができ、Power Automationはワークフローを自動化する機能が備わっています。 これらの二つのツールにはそれぞれどのような機能が搭載しているのか、何を目的にしているツールなのか気になる方は多いはずです。 本記事では、Power AppsとPower Automateの特徴と活用事例についてそれぞれご紹介していきます。 Power AppsとPower

Power AppsとPower Automateが提供している活用事例を解説 続きを読む

バーティカルSaasの5つの導入サービスについて解説

バーティカルSaaSのメリット・注意点・5つの導入サービスについて解説

はじめに バーティカルSaaSとは、特定の業界や業種に特化したSaaSのことです。Verticalは「垂直」という意味で、ある業界にとって使いやすくなるように開発されたのが始まりです。 従来のSaaSは、幅広い業界で利用できるよう汎用性の高い機能が搭載されていますが、バーティカルSaaSは特定の業界のニーズに合わせて開発することで、専門的な業務を効率化することができます。 しかし、バーティカルSaaSは特定の業界に合わせた機能が開発されているため、あらゆる課題点も存在します。 本記事では、バーティカルSaaSの課題と導入一覧も合わせてご紹介していきます。 そもそもSaaSとは何か? SaaS(Software as a Service)とは、ソフトウェアの機能をインターネットを介して提供するソフトウェアのことです。 SaaSはパソコンなどの端末にソフトウェアをインストールする必要がなく、クラウド上にログインするだけで利用できるのが特徴です。 従来のソフトウェアはパソコンなどのデバイスのみにインストールする必要があり、パソコン内に保存されるのが一般的でした。 一方、SaaSはインターネット経由で機能を使用することができ、場所を問わずに利用できます。 スマートフォンやタブレットなどの端末で利用できるSaaSサービスは多く、低コストで導入しやすいのがポイントです。

バーティカルSaaSのメリット・注意点・5つの導入サービスについて解説 続きを読む

Aws 構築1

AWS構築する際の注意点を解説!

はじめに AWS(Amazon Web Service)とは、Amazonが事業者向けにサーバーやセキュリティ対策などを提供するクラウドコンピューティングサービスです。 AWSはサービスの数が200以上で、その中でサーバー構築やハードウェアなどのサービスをクラウド上で運用することができます。 しかし、自社にAWSを構築する上でコスト面やどんな機能を導入するかで料金体系も異なっていきます。 サービスの利用には従量課金制で料金が加算されるため、利用目的をあらかじめ把握することが大切です。 本記事では、AWSの特徴と構築する際の代表的なサービス、注意点などについてそれぞれご紹介していきます。 AWSとは? AWS(Amazon Web Service)とは、Amazonが提供しているクラウド型サービスを指します。 AWSは、Amzonがネットショッピング事業の拡大に伴い、大量の商品の在庫管理やデータ分析を行うために構築したのが始まりです。 システム環境はストレージやデータベース、開発者のツールといった幅広い製品を利用できるのが特徴です。

AWS構築する際の注意点を解説! 続きを読む

Https://Drive.google.com/File/D/1Pvf-Z9Kjm53Dn4Lv4Pm4W1Ynmuibyoq-/View?Usp=Drive_Link

ベトナムでオフショア開発を成功させる方法を解説

オフショア開発とは、海外の子会社や開発会社にシステム開発や運用保守などの業務を委託する開発手法です。 海外ではアメリカと中国、ベトナムといった国がそれぞれオフショア開発を行う会社が増えてきます。 その中でベトナムがIT企業の経済成長が盛んな理由は、人材の教育を推進していることが挙げられます。 スマホアプリ開発やソフトウェア開発などは日本で請け負うことが一般的ですが、ベトナムでは先端技術の高度なレベルを持った人材が多いのが特徴です。 オフショア開発では、製造業やソフトウェア業界、物流業界など幅広い業界のシステムの開発の成功事例が増えています。 しかし、オフショア開発を行うにあたって、日本とベトナムでの言語と文化的な壁があるのが課題となっています。 本記事では、ベトナムでオフショア開発を成功させる方法についてご紹介していきます。 オフショア開発とは オフショア開発とは、英語に訳すとOffshore Developmentと呼ばれる海外のIT企業・子会社にインフラ構築・システム開発などの業務を委託する開発手法です。 元々はコストを抑える手段として大手企業を中心に開発を行っていて、今では中小企業や自社システムの開発を行う事業会社などに拡大しています。 特にベトナム、インドでオフショア開発が盛んになり、人件費が安いアジア圏の企業に委託することで開発コストの削減を実現してきました。 ITエンジニアのプログラミング言語とコミュニケーションスキル、開発ジャンルなど多彩なスキルを持ったIT人材が多く採用されているのが大きな特徴です。 ラボ型開発

ベトナムでオフショア開発を成功させる方法を解説 続きを読む

在庫管理3

手入力を不要に!在庫管理アプリのおすすめ6選

在庫管理は商品の原材料や在庫数を確認するなど企業にとっての大きな業務です。 商品の在庫管理をする際に紙やExcelでの記録は臨時で管理ができなくて、入力漏れなどのヒューマンエラーにつながります。 Excelでの管理で入力漏れを防ぐには在庫管理アプリを導入することで手動で在庫数を管理する必要がなくなり、商品の発注数をデータで確認することが可能です。Excelを使った在庫管理のメリット・デメリットとおすすめの在庫管理アプリについてご紹介します。 在庫管理アプリとは? 在庫管理アプリとは、iPhoneやAndroidアプリを使って商品の在庫数や棚卸、入庫管理などを確認することができるアプリです。 スマートフォンに搭載されているカメラ機能を使って商品を撮影して、バーコードを記入して、在庫が完了することができます。 在庫管理の状況を確認したいときにモバイル端末でバーコードを入れるだけで商品情報を紐付けることができるのが特徴です。 在庫管理アプリの機能から得られる効果 在庫管理アプリを導入すると、在庫切れや過剰在庫などを防ぐことができます。 在庫管理アプリでは様々なメリットが存在しており、その中で一番強い味となっているのが以下のポイントです。 ・導入コストが削減される ・バーコードリーダー・QRコードで商品登録ができる ・在庫数のミス防止が可能 ・機能がシンプルに操作できる

手入力を不要に!在庫管理アプリのおすすめ6選 続きを読む

Scroll to Top