ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

2024年6月10日
ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

はじめに

ローコード開発は、コーディングの手間を大幅に減らし、ビジネスユーザーでもアプリケーションを開発できるようにする技術です。この記事では、ローコード開発が注目される理由、メリットとデメリット、主要なプラットフォーム、導入事例、そして従来の開発手法との違いについて詳しく解説します。

ローコード開発とは

ローコード開発とは、プログラミングの専門知識をあまり持たないユーザーでも、視覚的なインターフェースを使って簡単にアプリケーションを開発できる手法です。ドラッグアンドドロップでの要素の配置や、事前に用意されたテンプレートやモジュールを活用することで、コードをほとんど書かずにアプリケーションを構築できます。

ローコード開発が注目される3つの理由

ローコード開発は、多くの企業にとって非常に魅力的な選択肢となっています。この技術は、特に以下の3つの理由から注目されています。

開発速度の向上

ローコード開発は、従来の手動コーディングに比べて開発速度を大幅に向上させます。直感的なドラッグアンドドロップのインターフェースを使用することで、開発者は迅速にプロトタイプを作成し、短期間で製品を市場に投入することが可能です。この迅速な開発サイクルは、競争の激しい市場での優位性を確保するために非常に重要です。

コスト削減

ローコード開発は、コスト効率が高いことも大きなメリットです。開発時間の短縮により、プロジェクトの総コストを削減できます。また、専門のプログラマーが不要なため、人件費も抑えられます。さらに、システムのメンテナンスやアップデートも容易であり、長期的なコスト削減が見込めます。

デジタルトランスフォーメーションの促進

デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、企業は業務のデジタル化を急速に進めています。ローコード開発は、非技術者でもアプリケーションを開発できるため、部門ごとのニーズに迅速に対応できます。これにより、全社的なDXの推進が加速し、ビジネスプロセスの効率化や新たなビジネスモデルの構築が容易になります。

ローコード開発は、これらの理由から多くの企業で採用が進んでいます。次に、ローコード開発のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ローコード開発のメリットとデメリット

アスペクト メリット デメリット
開発の速さ 迅速な開発サイクル 複雑な機能の制限
コスト効率 開発コストの削減 事前に構築されたコンポーネントに関連するセキュリティ上の懸念
アクセシビリティ テクニカルでないユーザーをサポート 高度な機能の習得における学習曲線
柔軟性/拡張性 適応可能で拡張可能なソリューション 更新/サポートのためのプラットフォームプロバイダーへの依存

ローコード開発のメリット

開発速度の向上

ローコード開発では、プログラミングの知識が少なくても、直感的な操作でアプリケーションを開発できます。そのため、開発スピードが大幅に向上します。迅速なプロトタイプ作成や市場投入が可能となります。

コスト削減

従来の開発手法に比べて、ローコード開発は開発コストを大幅に削減できます。プログラミングのスキルを持つ専門家が不要なため、人件費が削減されます。また、開発期間が短縮されるため、総合的な開発コストも削減されます。

システムの柔軟性

ローコード開発プラットフォームは、柔軟なカスタマイズ性を提供します。ユーザーが自由に機能やデザインを変更できるため、ビジネスニーズに応じたシステムを容易に構築できます。これにより、柔軟なビジネス環境に対応できます。

ローコード開発のデメリット

カスタマイズ性の制限

ローコード開発では、柔軟性がありますが、一方でカスタマイズ性に制限があります。プラットフォームが提供する機能やテンプレートに依存するため、特定のニーズに完全に対応できない場合があります。

セキュリティの懸念

ローコード開発では、非専門家がシステムを構築するため、セキュリティのリスクが高まります。十分なセキュリティ対策が取られていない場合、機密情報が漏洩する可能性があります。

技術的な制約

ローコード開発では、プラットフォームが提供する機能やテンプレートに依存するため、一部の高度な機能や複雑な処理を実装することが難しい場合があります。特定のニーズに対応できない場合があります。

これらのメリットとデメリットを考慮しながら、ローコード開発の導入を検討する際には、ビジネスのニーズや要件を十分に検討することが重要です。

ローコード開発のプラットフォーム

ローコード開発5つののプラットフォーム

ローコード開発のプラットフォームはビジネスや企業が迅速にアプリケーションを開発し、ビジネスプロセスを効率化するための強力なツールとして、これらのプラットフォームが利用されています。kintone、Microsoft Power Apps、intra-mart、Oracle APEX、AWS Amplifyという5つの主要なローコード開発プラットフォームについて詳しく見ていきます。

kintone(キントーン)

kintoneとは、日本の企業サイボウズが提供するローコード開発プラットフォームです。ビジネスユーザーが簡単にカスタムアプリケーションを構築し、ビジネスプロセスの自動化を実現することができます。kintoneは、直感的なインターフェースと豊富な機能を備えており、多くの企業で広く利用されています。

Microsoft Power Apps

Microsoft Power Appsとは、マイクロソフトが提供するローコード開発プラットフォームであり、Office 365とのシームレスな統合性が特徴です。ビジネスユーザーや開発者がビジュアルな操作でアプリケーションを構築し、データの入力フォームやワークフローを簡単に作成することができます。また、Power Appsは、Power BIやMicrosoft Flowなどの他のMicrosoft製品との連携も容易です。

intra-mart(イントラマート)

intra-martとは、日本の企業富士通が提供するビジネスアプリケーション開発プラットフォームです。豊富なテンプレートやツールを提供し、企業が効率的にビジネスアプリケーションを開発することを支援します。intra-martは、ビジネスプロセスの自動化やワークフロー管理、データの統合などの機能を提供し、多くの日本企業で広く利用されています。

Oracle APEX

Oracle APEXとは、Oracleが提供する低コード開発プラットフォームであり、データベースアプリケーションを簡単に構築することができます。Oracle APEXは、Oracle Databaseとのシームレスな統合性を持ち、データのセキュリティや可用性に優れています。また、Oracle APEXは、豊富なUIコンポーネントやテンプレートを提供し、開発者が迅速にアプリケーションを開発することを支援します。

AWS Amplify

AWS Amplifyとは、Amazon Web Servicesが提供するサーバーレスアーキテクチャを活用したアプリケーション開発プラットフォームです。モバイルアプリケーションやウェブアプリケーションの開発を支援し、スケーラビリティとセキュリティを重視しています。AWS Amplifyは、クラウドベースのアプリケーション開発に関するベストプラクティスを提供し、開発者がアプリケーションを迅速に構築し、デプロイすることができます。

以上のプラットフォームは、それぞれ異なる特長や機能を持ち、ビジネスのニーズや要件に合わせて選択することが重要です。ビジネスが迅速にアプリケーションを開発し、ビジネスプロセスを効率化するためには、適切なローコード開発プラットフォームを選択することが不可欠です。

ローコード開発のプラットフォームの選び方

ローコード開発プラットフォームを選ぶ際には、慎重な検討が必要です。適切なプラットフォームを選ぶことは、プロジェクトの成功に直結する重要な要素です。以下では、ローコード開発プラットフォームを選ぶ際のポイントを詳細に解説します。

機能の適合性

ローコード開発プラットフォームの最も重要な要素の一つは、提供される機能の適合性です。ビジネスのニーズや要件に合致する機能を持っているかどうかを確認することが重要です。例えば、特定の業界向けのテンプレートやツールが提供されているか、必要なビジネスロジックやワークフローを実現するための機能が揃っているかをチェックします。

統合性

既存のシステムやデータとの統合がスムーズに行えるかどうかも重要な要素です。ローコード開発プラットフォームが、他のビジネスアプリケーションやデータソースとのシームレスな連携を実現できるかを確認します。データの取り込みやエクスポート、APIの利用など、統合性の面での柔軟性が求められます。

カスタマイズ性

ビジネスのニーズや要件は常に変化していきます。そのため、ローコード開発プラットフォームが柔軟なカスタマイズ性を持っているかどうかを確認することが重要です。アプリケーションやプロセスを自由にカスタマイズできるかどうかをチェックし、将来の拡張性や変更に対応できるかを考慮します。

セキュリティ

データのセキュリティやプライバシー保護は、企業にとって極めて重要な要素です。ローコード開発プラットフォームが適切なセキュリティ対策を講じているか、データの暗号化やアクセス制御などのセキュリティ機能が備わっているかを確認します。また、プラットフォームのセキュリティに関する認証や規制に準拠しているかも確認します。

コスト

最後に、ローコード開発プラットフォームの導入コストや利用料金、サポートコストなどを検討します。プラットフォームの価格設定が明確であり、予算内で適切なプランを選択できるかを確認します。また、将来的な拡張や追加機能の導入に伴うコストも考慮に入れます。

以上のポイントを踏まえて、ローコード開発プラットフォームを選択することが重要です。ビジネスのニーズや要件に合ったプラットフォームを選ぶことで、効率的なアプリケーション開発が実現でき、ビジネスの競争力を強化することができます。

従来の開発とローコード開発との違い

従来の開発とローコード開発との違い

現代のビジネス環境では、迅速かつ効率的なソフトウェア開発が求められています。その中で、従来の開発手法に加えて、新たな選択肢として「ローコード開発」が注目されています。以下では、従来の開発とローコード開発との違いを詳細に解説します。

項目 従来の開発 ローコード開発
開発速度 開発に多くの時間が必要 開発スピードが速い
技術スキルの要求 高度なプログラミングスキルが必要 プログラミングスキル不要
カスタマイズ性 カスタマイズが困難 柔軟なカスタマイズが可能
ユーザー参加度 ビジネスユーザーの参加が難しい ビジネスユーザーの積極的な参加が可能
リリースサイクル リリースサイクルが長い 短いイテレーションでの迅速なリリース
コスト 開発コストが高い 開発コストが低い
フレキシビリティ 変更が困難 変更が容易

この表を見ると、従来の開発とローコード開発の間には、開発速度、技術スキル、カスタマイズ性、ユーザー参加度、リリースサイクル、コスト、フレキシビリティなど、多くの違いがあることが分かります。

開発速度

・従来の開発:従来の開発手法では、開発プロジェクトは設計からテストまで多くのステップを経るため、完成までに長い時間がかかります。要件定義や設計、コーディング、テスト、デプロイの各フェーズに時間を費やし、複雑なプロジェクトでは数ヶ月から数年を要することもあります。

・ローコード開発:ローコード開発では、ビジュアルインターフェースやプリビルトコンポーネントを活用するため、開発プロセスが大幅に短縮されます。多くの作業が自動化され、ドラッグアンドドロップ操作で迅速にアプリケーションを構築できるため、数週間から数ヶ月で開発が完了します。

技術スキルの要求

・従来の開発:従来の開発では、プログラミング言語やフレームワーク、データベース設計、システムアーキテクチャなど、専門的な知識と高度なスキルが必要です。開発者はこれらの技術を習得し、実践できる能力が求められます。

・ローコード開発:ローコード開発では、プログラミングの知識がほとんど不要です。ビジュアルツールやテンプレートを利用することで、非技術者でもアプリケーションを構築できます。これにより、ビジネスユーザーや市民開発者が開発プロセスに参加しやすくなります。

カスタマイズ性

・従来の開発:従来の開発手法は、要件に合わせた高度なカスタマイズが可能です。細部にわたる仕様の実装や特定の機能追加も自由に行えるため、複雑で特化したシステムを構築することができます。

・ローコード開発:ローコード開発でも一定のカスタマイズは可能ですが、プラットフォームの制約により、従来の開発ほど自由度は高くありません。しかし、プラグインやアドオンを利用することで、ある程度のカスタマイズを実現できます。

ユーザー参加度

・従来の開発:従来の開発では、ビジネスユーザーやエンドユーザーが開発プロセスに深く関与することは少なく、主に要件定義の段階での参加に留まります。開発が進む中での変更や追加要件の反映には時間がかかります。

・ローコード開発・ローコード開発では、ビジネスユーザーやエンドユーザーが開発プロセスに積極的に参加できます。ビジュアルな開発環境により、ユーザーが直接アプリケーションのデザインや機能を確認し、フィードバックを即座に反映することが可能です。

リリースサイクル

・従来の開発:従来の開発では、リリースサイクルが長く、バージョンアップや機能追加には時間がかかります。リリースごとに大規模なテストや調整が必要で、頻繁なアップデートが難しいです。

・ローコード開発:ローコード開発では、短いイテレーションでの迅速なリリースが可能です。頻繁なアップデートや機能追加を容易に行え、アジャイルな開発サイクルに適しています。これにより、ビジネスの変化に迅速に対応できます。

コスト

・従来の開発:従来の開発は、長期間のプロジェクトで高額な開発コストがかかります。開発者の人件費や開発環境の整備、テスト費用など、多くのコスト要素があります。

・ローコード開発:ローコード開発は、開発期間の短縮や専門技術者の不要により、コストを大幅に削減できます。また、開発ツール自体のコストも比較的低いため、初期投資を抑えられます。

フレキシビリティ

・従来の開発:従来の開発は、仕様変更や新機能の追加に対するフレキシビリティが低く、変更には多くの時間とリソースが必要です。開発プロセスが硬直的であるため、柔軟な対応が難しいです。

・ローコード開発:ローコード開発は、ビジネス要件の変化に柔軟に対応できます。開発中でも簡単に仕様変更や機能追加ができるため、ビジネスのニーズに迅速に適応可能です。

これらの比較から、ローコード開発は従来の開発手法に比べて、迅速で柔軟なアプローチが可能であり、特にビジネスの変化に対応しやすい点が大きな利点となります。

ローコード開発でのシステム構築の流れ

ローコード開発でのシステム構築の流れ

ローコード開発は、従来のプログラミングによる開発プロセスを大幅に簡素化し、迅速かつ効率的にアプリケーションを構築できる手法です。ここでは、ローコード開発のシステム構築の流れを詳細に説明します。

①ビジネスニーズの理解と要件定義

1.1 ビジネスニーズの理解 

システム開発の最初のステップは、ビジネスニーズを理解することです。プロジェクトチームは、ビジネス部門やエンドユーザーと密に連携し、解決すべき問題や達成したい目標を明確にします。これには、現行の業務プロセスの調査や課題の特定が含まれます。

1.2 要件定義の作成 

ビジネスニーズを把握した後、具体的なシステム要件を定義します。このフェーズでは、必要な機能や性能、操作性などの詳細な要件を文書化します。要件定義書は、後の設計や開発の指針となる重要なドキュメントです。

②プラットフォームの選定

2.1 プラットフォームの比較 

ローコード開発には多くのプラットフォームが存在します。プロジェクトの特性や要件に最適なプラットフォームを選定するために、各プラットフォームの機能や利点、制約を比較検討します。代表的なプラットフォームには、Microsoft Power Apps、OutSystems、Mendixなどがあります。

2.2 プロトタイプの作成 

候補となるプラットフォームの中からいくつかを選び、簡単なプロトタイプを作成します。これにより、実際の操作感や機能の適合性を確認できます。プロトタイプの評価を通じて、最適なプラットフォームを最終決定します。

➂アプリケーションの設計

3.1 システムアーキテクチャの設計 

選定したプラットフォームに基づき、システムアーキテクチャを設計します。これには、データベースの設計、サーバーの構成、ネットワークの設定などが含まれます。また、セキュリティやスケーラビリティの観点も考慮します。

3.2 ユーザーインターフェースのデザイン 

次に、ユーザーインターフェース(UI)のデザインを行います。ローコードプラットフォームでは、ドラッグ&ドロップでUIを構築できるため、迅速に画面レイアウトを作成できます。ユーザーエクスペリエンス(UX)を重視し、直感的で使いやすいインターフェースを目指します。

3.3 ワークフローの設計 

業務プロセスを効率化するために、ワークフローを設計します。これは、各ステップでのアクションや条件分岐、通知の設定などを含みます。ワークフローの視覚化により、業務の流れを明確にし、自動化できる部分を特定します。

④アプリケーションの構築

4.1 基本機能の実装 

設計に基づき、基本的な機能を実装します。ローコードプラットフォームを利用することで、事前に用意されたコンポーネントを組み合わせるだけで、多くの機能を短時間で構築できます。例えば、データ入力フォームやリスト表示、検索機能などが含まれます。

4.2 カスタムロジックの追加 

必要に応じて、カスタムロジックや独自のスクリプトを追加します。ローコード開発でも、特定の要件を満たすためにカスタムコードを記述できる機能があります。この段階では、プラットフォーム固有のスクリプト言語や拡張APIを利用します。

4.3 データベースの構築 

データベースのテーブルやビュー、ストアドプロシージャを構築します。ローコードプラットフォームには、データベース設計ツールが統合されていることが多く、視覚的にデータベースを設計できます。また、既存のデータベースと連携することも可能です。

⑤テストと品質保証

5.1 単体テスト 

各コンポーネントや機能が正しく動作するかを確認するために、単体テストを実施します。ローコードプラットフォームには、テスト機能が組み込まれていることが多く、自動テストの設定も可能です。

5.2 統合テスト 

全体のシステムとして機能するかを確認するために、統合テストを実施します。複数のコンポーネントが連携して動作することを確認し、データの流れやワークフローが正しく動作するかを検証します。

5.3 ユーザビリティテスト 

エンドユーザーが実際にシステムを使用して、使いやすさや操作性を確認します。フィードバックを基に、UIの改善や機能の調整を行います。ユーザビリティテストにより、最終的なユーザーエクスペリエンスを向上させます。

5.4 セキュリティテスト 

システムのセキュリティを確保するために、セキュリティテストを実施します。脆弱性のスキャンやペネトレーションテストを行い、セキュリティリスクを特定し対策を講じます。データ保護やアクセス制御の設定も確認します。

⑥リリースと運用

6.1 本番環境へのデプロイ 

テストが完了したら、システムを本番環境にデプロイします。本番環境では、開発環境やテスト環境とは異なる設定や制約があるため、慎重に移行作業を行います。デプロイ手順を事前に計画し、リスクを最小限に抑えます。

6.2 ユーザー教育とサポート 

システムの運用開始に合わせて、ユーザー教育を実施します。トレーニングセッションやマニュアルの提供を通じて、ユーザーが新しいシステムを効果的に利用できるよう支援します。また、運用中のサポート体制を整え、ユーザーからの問い合わせやトラブルに迅速に対応します。

6.3 運用モニタリングとメンテナンス 

システム運用中は、定期的なモニタリングを行い、パフォーマンスや安定性を監視します。異常検知やログ分析を通じて、問題の早期発見と解決に努めます。また、システムのアップデートや改善を継続的に行い、品質を維持します。

⑦継続的な改善とフィードバック

7.1 ユーザーフィードバックの収集 

システム運用中にユーザーからのフィードバックを収集します。ユーザーの意見や要望を取り入れ、システムの改善ポイントを特定します。フィードバックの収集には、アンケートやヒアリングセッションなどを活用します。

7.2 継続的なアップデートと改善 

収集したフィードバックを基に、システムの継続的な改善を行います。新機能の追加や既存機能の改良を通じて、ユーザー満足度を向上させます。また、ビジネス環境の変化に対応するための定期的なアップデートも実施します。

7.3 パフォーマンスの最適化 

システムのパフォーマンスを最適化するために、定期的なレビューと調整を行います。負荷テストやパフォーマンスモニタリングを通じて、システムの応答時間やスループットを向上させ、ユーザーエクスペリエンスを改善します。

7.4 セキュリティの強化 

システムのセキュリティを強化するために、定期的なセキュリティレビューとアップデートを行います。新たな脅威や脆弱性に対応するための対策を講じ、システムの安全性を確保します。

ローコード開発は、迅速かつ効率的にシステムを構築するための有力な手法です。そのプロセスは、ビジネスニーズの理解から始まり、設計、構築、テスト、リリース、そして継続的な改善まで、包括的にカバーされています。ローコード開発を活用することで、企業は柔軟でスケーラブルなソリューションを迅速に提供でき、ビジネスの競争力を高めることができます。

この流れを踏まえ、ローコード開発を効果的に活用することで、より短期間で高品質なシステムを構築し、ビジネスニーズに即した迅速な対応が可能になります。

終わりに

本記事では、ローコード開発の基本概念から始まり、その注目される理由、メリットとデメリット、プラットフォームの選び方、従来の開発との違い、そして実際のシステム構築の流れについて詳しく解説しました。

ローコード開発を成功させるためには、適切なプラットフォームの選定と、ビジネスニーズに即した設計・運用が重要です。この記事が、ローコード開発を始めるにあたり、参考となるガイドラインを提供できたなら幸いです。未来のソフトウェア開発が、より迅速かつ効率的に進化していくことを期待しています。

人気の投稿

著者

お問い合わせ

個人情報の取扱いに関する確認事項を必ずお読みの上、お問い合わせ下さい。は必須入力項目です。

Scroll to Top