独自のツール

アノテーションの効率化ため、独自ツールを開発やAIを入れ込むことでアノテーションの工数を削減できます。
貴社の業務により、ツール改善することも可能です。