コミュニケーション

日本語に堪能なブリッジSEやコミュニケーターが多数在籍しているため、細部まで日本語の意味合いを保ったままコミュニケーションが可能です。