2024 Ai Index Report

スタンフォード大研究所の「2024 AI Index Report」を読む!

スタンフォード大研究所の第7版となるこの報告書では、AIの技術進歩、技術に対する一般の認識、およびその開発を取り巻く地政学的動向などのトレンドについて取り上げています。 10つの注目ポイントは以下の通り。 特定タスクでのAIの優位性、ただし万能ではない AI研究における業界の継続的支配 最先端モデルの著しい高額化 米国、トップAIモデル提供国としての中国、EU、英国への優位性 大規模言語モデルの責任に関する評価の欠如 生成AIへの投資の急増 AIによる生産性・品質向上の実証 AIによる科学的進歩の加速 米国におけるAI規制の著しい増加 世界的AIの影響認識と懸念の高まり 将来がどうであれ、ビジネスリーダーはAIを慎重に職場に統合し、従業員の不安に対処してAIが脅威ではなくサポート的なものとして認識されるようにする必要があります。効果的なコミュニケーション、AIに関する透明な方針、および再スキル習得の取り組みが懸念を軽減し、組織内でのAIの受け入れと効果を高めるために重要です。 ◾ダウンロード […]

スタンフォード大研究所の「2024 AI Index Report」を読む! 続きを読む

0 【最新版】It業界でのトレンド・ニュース

WWDC24(Apple Worldwide Developers Conference)の最新技術が発表されました!

Appleの年に一度の祭典、世界開発者会議(WWDC)2024が6月10日から14日にかけて開催されました。今年はオンライン開催でしたが、Apple Parkでのスペシャルイベントも開催され、世界中の開発者やAppleファンが熱狂しました。 今回のWWDCでは、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSに加え、Apple初の空間コンピューティングプラットフォームであるvisionOSなど、Appleのエコシステム全体にわたる革新的なアップデートが発表されました。特に注目すべきは、Apple Intelligenceの発表です。これは、Appleデバイス全体でAIを活用し、よりパーソナルで直感的な体験を提供するものです。 ① AIがAppleデバイスをさらにスマートに Apple Intelligenceは、Appleデバイス全体でAIを活用し、ユーザーの行動パターンや好みに合わせて、よりパーソナルな体験を提供するものです。例えば、Siriは、ユーザーの質問や要求をより正確に理解し、適切な回答やアクションを提供できるようになります。また、写真アプリでは、AIが自動的に写真を整理したり、編集したりすることができます。 ② SiriがChatGPTでさらに賢く Appleは、OpenAIと提携し、ChatGPTをSiriに統合することを発表しました。これにより、Siriは、より自然な会話が可能になり、複雑な質問にも対応できるようになります。例えば、「今日の天気はどう?」といった簡単な質問だけでなく、「おすすめのレストランを教えて」といった複雑な質問にも、Siriは適切な回答を提供できるようになります。 ➂ iOS 18: AIでさらにパーソナルに iOS 18では、メッセージ、写真、Safariなどの主要アプリに生成AI機能が搭載されました。これにより、メッセージの作成や写真の編集がより直感的になり、Safariでの情報収集も効率化されます。また、自動修正機能の強化や新しい絵文字の追加など、細かなアップデートも多数行われました。

WWDC24(Apple Worldwide Developers Conference)の最新技術が発表されました! 続きを読む

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説

はじめに ローコード開発は、コーディングの手間を大幅に減らし、ビジネスユーザーでもアプリケーションを開発できるようにする技術です。この記事では、ローコード開発が注目される理由、メリットとデメリット、主要なプラットフォーム、導入事例、そして従来の開発手法との違いについて詳しく解説します。 ローコード開発とは ローコード開発とは、プログラミングの専門知識をあまり持たないユーザーでも、視覚的なインターフェースを使って簡単にアプリケーションを開発できる手法です。ドラッグアンドドロップでの要素の配置や、事前に用意されたテンプレートやモジュールを活用することで、コードをほとんど書かずにアプリケーションを構築できます。 ローコード開発が注目される3つの理由 ローコード開発は、多くの企業にとって非常に魅力的な選択肢となっています。この技術は、特に以下の3つの理由から注目されています。 開発速度の向上 ローコード開発は、従来の手動コーディングに比べて開発速度を大幅に向上させます。直感的なドラッグアンドドロップのインターフェースを使用することで、開発者は迅速にプロトタイプを作成し、短期間で製品を市場に投入することが可能です。この迅速な開発サイクルは、競争の激しい市場での優位性を確保するために非常に重要です。 コスト削減 ローコード開発は、コスト効率が高いことも大きなメリットです。開発時間の短縮により、プロジェクトの総コストを削減できます。また、専門のプログラマーが不要なため、人件費も抑えられます。さらに、システムのメンテナンスやアップデートも容易であり、長期的なコスト削減が見込めます。 デジタルトランスフォーメーションの促進 デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、企業は業務のデジタル化を急速に進めています。ローコード開発は、非技術者でもアプリケーションを開発できるため、部門ごとのニーズに迅速に対応できます。これにより、全社的なDXの推進が加速し、ビジネスプロセスの効率化や新たなビジネスモデルの構築が容易になります。 ローコード開発は、これらの理由から多くの企業で採用が進んでいます。次に、ローコード開発のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。 ローコード開発のメリットとデメリット

ローコード開発とは?プラットフォームやシステム構築の流れを解説 続きを読む

Webアプリ言語の種類・選ぶ方を解説

Webアプリ言語の種類・選ぶ方・11つの人気言語を解説

Webアプリケーションの開発において、プログラミング言語の選択は非常に重要です。どの言語を使うかによって、プロジェクトの効率性やスケーラビリティが大きく影響されます。本記事では、Webアプリケーション開発における主要なプログラミング言語の種類や選び方、そして人気の11つの言語について詳しく解説します。 Webアプリ言語とは Webアプリ言語とは、Webアプリケーションを開発するために使用されるプログラミング言語のことを指します。これらの言語は、サーバーサイドとクライアントサイドの両方で使用され、ユーザーインターフェースからデータベース操作まで幅広い機能を実現します。 アプリケーションの種類 アプリケーションは現代のデジタル社会において重要な役割を果たしています。スマートフォンやコンピュータを使う際に、私たちはさまざまな種類のアプリケーションを利用しています。大きく分けて、アプリケーションには3つの種類があります。それぞれの特徴を理解することで、目的に合ったアプリケーションを選ぶことができます。 Webアプリ Webアプリは、インターネットを通じてアクセスするアプリケーションです。ユーザーはブラウザを使用してWebアプリにアクセスし、インストールが不要でどのデバイスからでも利用可能です。以下はWebアプリの主な特徴です。 クロスプラットフォーム互換性:Webアプリは、Windows、macOS、Linuxなど、異なるオペレーティングシステムで動作します。 インストール不要:ユーザーはブラウザを通じて直接アクセスできるため、インストールや更新が不要です。 容易な更新:開発者はサーバーサイドでアプリケーションを更新するだけで、全てのユーザーに新しいバージョンを提供できます。 ネイティブアプリ ネイティブアプリは、特定のプラットフォーム(iOSやAndroidなど)向けに開発されたアプリケーションです。ユーザーはアプリストアからアプリをダウンロードし、デバイスにインストールして使用します。以下はネイティブアプリの主な特徴です。 高いパフォーマンス:ネイティブアプリはデバイスのハードウェアや機能を最大限に活用できるため、優れたパフォーマンスを発揮します。 オフライン使用:インターネット接続がなくても利用できる機能を提供できます。

Webアプリ言語の種類・選ぶ方・11つの人気言語を解説 続きを読む

Saasとは?業務アプリケーションSaasの概要とSaasの将来展望を解説

【2024年出版】SaaSとは?SaaSの種類・将来展望を解説

初めに SaaSは、企業がインフラストラクチャを気にせずに必要なソフトウェアを利用できる便利なサービスです。業務効率化やコスト削減に寄与し、さまざまな分野で活用されています。今後もSaaSの需要は増加し続けるでしょう。 本記事では、業務アプリケーションSaaSとその将来展望を紹介します。 SaaSとは SaaSとは「Software as a Service」の略で、インターネットを通じてソフトウェアを提供するサービスのことです。企業は必要な機能をオンラインで利用できるため、インフラストラクチャの構築やソフトウェアの管理を気にする必要がありません。SaaSの普及により、さまざまな業界で効率化が図られています。 業務アプリケーションSaaSの概要 業務アプリケーションSaaSは、さまざまなビジネスプロセスをサポートするために設計されています。これには、ERP、CRM、HRMなどが含まれ、各種業務の効率化と自動化を実現します。これから、各種業務アプリケーションSaaSについて詳しく見ていきます。 ERP(Enterprise Resource Planning) ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)とは、企業のリソースを統合的に管理し、業務プロセスを最適化するためのシステムです。ERPシステムは、財務、人事、製造、供給チェーンなど、さまざまな部門のデータを一つのプラットフォームに統合し、リアルタイムでの情報共有と分析を可能にします。これにより、企業全体の業務効率を向上させ、迅速かつ適切な意思決定を支援します。

【2024年出版】SaaSとは?SaaSの種類・将来展望を解説 続きを読む

2024年Ai開発のトレンド6選 1

2024年に注目されているAIトレンド6選

はじめに 現在ではAIが急速に発達していて、企業やあらゆる産業で大きな注目を浴びています。 AIを活用したサービスは、テキストや画像・動画などのコンテンツに導入され、多くのユーザーが利用するようになりました。 それに伴い、どのようなAIビジネスがトレンドとなっているのか気になる方は多いはずです。 自社にAIビジネスを導入を検討する前に、2024年時点のトレンドやメリットなどについて解説します。 本記事では、2024年に注目されているAIトレンドについてご紹介していきます。 そもそもAI開発とは? AI(Artifical Inteligence)とは、人間と同じような思考や物事を学習するモデルです。 英語では、Artifical Inteligencの略称であり、Articalは人工的、Inteligenceは知能という意味です。これを日本語に訳すと人工知能と呼ばれます。 AIは人間の言葉や認識などをコンピュータに学習させることで、人間のように予測や推論・提案などが行えるのが特徴です。 AIでは、文章の生成や翻訳・データ分析・自動運転など日常生活からビジネスまで幅広い用途で活用されています。 AIに用いられる技術の種類

2024年に注目されているAIトレンド6選 続きを読む

業界で最も注目されている生成Aiのトレンドを5選解説

業界で最も注目されている生成AIのトレンドを7選解説

はじめに 生成AIが注目されるようになったのは、2022年11月にChatGPTがリリースとなってから全世界のユーザーが使用するようになりました。 生成AIは大量のデータからパターンを学習し、テキストや画像・音楽・動画などのコンテンツを自動で生成する技術です。 多くのユーザーは、テキストをAIに送信することでアイデアを提案し、作業を効率化することができます。 一方、生成AIをビジネスとして活用したい際、どのような種類を選択すればいいのか分からない方が多いはずです。 AIは日々、技術が進化していて、ビジネスへ応用されるAIのトレンドを把握する必要があります。 本記事では、業界で最も注目されている生成AIのトレンドについてご紹介していきます。 そもそも生成AIとは? 生成AI(ジェネレーティブAI)とは、深層学習と呼ばれる機械学習モデルで、与えられた学習したデータを基に新しいコンテンツを生み出すAIです。 生成AIにはテキスト生成や画像生成・動画生成など多岐にわたり、多くのユーザーから注目を集めています。 従来のAIは、既存のデータから回答を出すことが一般的でしたが、生成AIは0から1に新しいコンテンツを生み出すことが可能です。 生成AIが実現したことにより、アイデア作成やビジネスの現場での業務効率化に使用している現場が増えています。 生成AIは文章の要約やアイデアを提示することができ、ビジネスの現場でも大きく活躍することができます。 生成AIと従来のAIとの違い

業界で最も注目されている生成AIのトレンドを7選解説 続きを読む

生成Ai白書 2023年版 Pdf版

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構の「生成AI白書 2023年版」を読む!

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は、『生成AI白書 2023年版』の発刊と概要を発表した。この白書は、生成AIに関する多様なテーマを国内外の主要論文や最新データをもとに体系的かつ詳細に解説している。 ◾ダウンロード 生成AI白書 2023年版 PDF版 ◾弊社の生成AIに関する記事 GoogleとOpenAIの最新モデルであるGemini 1.5 FlashとGPT-4oの比較 生成AIの仕組み・問題点・将来を解説 生成AIとは?ビジネスで活用されている事例を解説 マルチモーダルAIについて:シングルモーダルAIとの違い・導入ステップ・課題と今後の展望

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構の「生成AI白書 2023年版」を読む! 続きを読む

生成Aiの無料ツールや無料ツールの選び方を紹介

生成AIの無料ツールや無料ツールの選び方を紹介

生成AIツールは、私たちの生活や仕事に革命をもたらす力を持っています。テキスト、画像、音声など、多岐にわたる生成AIツールが無料で利用できる今、その魅力に引き込まれている人も多いでしょう。しかし、無料の生成AIツールを使用する際には、いくつかの重要な注意点があります。 本記事では、生成AIの無料ツール一覧や注意点について詳しく解説します。また記事の終わりに、Gemini 1.5 FlashやGPT-4oについてもご紹介します。 生成AIツールの概要 まず、生成AIツールとは何かについて説明しましょう。生成AIツールは、人工知能(AI)を利用してテキスト、画像、音声などのコンテンツを自動生成するツールです。これらのツールは、私たちの日常生活やビジネスにおいて、効率化や創造性の向上に大いに役立ちます。 無料ツールの利点と欠点 以下の比較表を通じて、無料ツールの利点と欠点を理解し、自分のニーズに合ったツール選びの参考にしてください。無料ツールは多くのメリットを提供しますが、欠点もあるため、それぞれの特性をしっかりと把握した上で利用することが重要です。 項目 利点 欠点 コスト 完全無料で利用可能。特に個人や小規模ビジネスにとっては経費を削減できる。 無料版では高機能が制限されていることが多く、追加機能が有料となる場合がある。

生成AIの無料ツールや無料ツールの選び方を紹介 続きを読む

It業界でのニュース

GoogleとOpenAIの最新モデルであるGemini 1.5 FlashとGPT-4oの比較

近年、AI技術の進化は目覚ましいものがあります。特に自然言語処理(NLP)の分野では、強力なモデルが次々と登場しています。本記事では、その中でも注目される「Gemini 1.5 Flash」と「GPT-4o」について比較し、どちらがどのような点で優れているのかを詳しく解説します。 1. Gemini 1.5 Flash Google I/O 2024で、GoogleはGemini 1.5 Flashの更新を発表しました。このモデルの魅力は、APIで提供される最速のGeminiモデルであり、Gemini 1.5 Proよりもコスト効率が高く、それでも非常に高性能である点です。

GoogleとOpenAIの最新モデルであるGemini 1.5 FlashとGPT-4oの比較 続きを読む

Scroll to Top