ECカートシステムとは? その種類や重要性、選び方について解説

2023年10月18日

ECカートシステムは、インターネット上で商品を販売するための欠かせない仕組みです。ECカートシステムとは、ECサイトで商品を選んでカートに入れ、購入手続きをして決済するまでの一連の注文処理を行うことができるシステムです。ECカートシステムには、さまざまな種類や機能があり、自社のECサイトの目的や予算に合わせて選ぶことが重要です。本記事では、HBLABが基本的な知識を分かりやすく解説します。 

ECカートシステムとは?

実店舗で買い物をするとき、お客様は欲しい商品をカートに入れてレジに持って、決済していきます。同じように、ECカートとは、ユーザーがショッピングサイトやアプリにアクセスして、購入したい商品をオンラインのカートに入れて、オンラインで支払いをすることを意味します。

ECカートシステムは、お客様がショッピング操作やプロモーションの適用や支払いなどをすべて行って注文を完了できるようにするシステムです。これは、ウェブサイトや販売システムに欠かせない部分です。

ECカートシステムの種類

ECカートシステムの種類には、以下のようなものがあります。

ECカートシステムの種類

  • ASPカートシステム

ASP とはApplication Service Provider「アプリ・サービス・プロバイダ」を略した言葉で、

ECカートシステムの提供企業と契約し、その企業が提供する環境上で動作するシステムをレンタルする方法です。毎月の利用料が発生しますが、システムメンテナンスやアップデートは提供企業が行ってくれます。本格的なECサイトを手軽に作れるメリットがあります。

  • オープンソース型ECカートシステム

オープンソース型のECカートとは、無料のソースコードでECサイトにカートシステムを作る方法です。システム導入のコストはかからず、自社ECサイトに合わせてカスタマイズできます。ただし、開発にはプログラミングのスキルと費用が必要ですし、運用時には保守やセキュリティの対応も必要です。

  • ECサイト構築パッケージ:

ECカートシステムを購入して自社のサーバーなどに設置する方法です。導入時のコストは高くなりますが、機能やデザインを自由にカスタマイズできるメリットがあります。

  • フルスクラッチ型ECカートシステム

フルスクラッチ型ECカートシステムとは、自社のECサイトに合わせて、ソースコードやシステムを一から作り上げるタイプのカートシステムです。既存のパッケージやプラットフォームを使わず、完全にオリジナルのカートシステムを構築できるのが特徴です。そのため、自社のニーズやブランディングに応じた柔軟なカスタマイズが可能です。しかし、その分、開発費用や期間がかかりますし、運用やメンテナンスも自社で行わなければなりません。フルスクラッチ型カートシステムは、他社と差別化したい大規模なECサイトに向いています。

基本機能・できる範囲について

ECカートシステムには、以下のような基本機能があります。

  • カート機能:ECサイトで選んだ商品をカートに入れることができます。カートに入れた商品は、後で購入することもキャンセルすることもできます。
  • 決済機能:カートに入れた商品を購入する際に、支払い方法を選択して決済することができます。支払い方法には、クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込、ポイント払いなどがあります。
  • 受注管理機能:購入された商品の注文情報を管理することができます。注文情報には、注文番号、注文内容、注文個数、顧客名、注文日、発送先住所などが含まれます。
  • 顧客管理機能:ECサイトに登録した顧客の情報を管理することができます。顧客情報には、氏名、住所、電話番号、購入履歴、ポイント残高、クレジットカード情報、ログインに必要なID・パスワードなどが含まれます。
  • 商品管理機能:ECサイトで販売する商品の情報を管理することができます。商品情報には、商品名、商品説明、価格、在庫数、画像などが含まれます。
  • 販促管理機能:ECサイトの売上を増やすための販促活動をサポートする機能です。販促活動には、ポイントやクーポンの発行、メルマガの送信などがあります。

 

自社に合ったECカートシステムの選び方・比較のポイント

  • 予算はどれくらいか:ECカートシステムにかかる費用は商品やオプションによって大きく異なります。自社のECサイトでどれくらいの売上を見込んでいるか、そこから割ける予算を考えてみましょう。
  • スマホでも使いやすいか:今や多くのユーザーがスマホで買い物をします。スマホで見やすく使いやすいECサイトを作るためには、レスポンシブ対応やユーザビリティに配慮したカートシステムを選ぶ必要があります。
  • どれだけカスタマイズできるか:自社の商品やビジネスに合わせて、機能やデザインをカスタマイズしたい場合は、その範囲や方法を確認しておきましょう。カスタマイズ性の高いカートシステムは、他のECサイトと差別化することができます。
  • サイトが成長しても耐えられるか:短期的な視点だけでなく、長期的な視点もふまえて選びましょう。将来的に商品数や注文数が増えたり、新しい機能を追加したりする場合にも対応できるカートシステムを選ぶことが大切です。

まとめ

この記事では、ECカートシステムについて以下の内容を解説しています。

  • ECカートシステムとは何か、どのような種類や機能があるか
  • 自社のニーズに合わせてカートシステムを選ぶ方法や比較するポイント

ECサイト、または小売りシステムを成功させるためには、専門的な知識とスキルを持ったエンジニアが必要です。しかし、自社でエンジニアを採用するのはコストや時間がかかります。そこで、オフショア開発サービスを利用することがおすすめです。オフショア開発サービスとは、海外の優秀なエンジニアにECサイトの設計、開発、運用を委託することです。

オフショア開発サービスを提供する企業の中でも、株式会社エイチビーラボはベトナムに特化したサービスを行っています。ベトナムは人口が多く、IT人材が豊富に存在します。また、日本との時差も少なく、コミュニケーションもスムーズです。株式会社エイチビーラボには、ECサイト開発の経験豊富なエンジニアが多数在籍しており、高品質なサービスを提供しています。

ECサイトの構築に関心がある方は、ぜひ株式会社エイチビーラボにご相談ください。お客様の要望に応じて、最適なECカートシステム、小売りシステムをご提案いたします。ご相談から開発、運用まで一貫してサポートいたしますので、安心してお任せください。

 

人気の投稿

著者

株式会社HBLAB
株式会社HBLAB
HBLABは、顧客満足度の高いサービスを提供し、IT業界全般、特にオフショアに関する情報を参考することで最適な意思決定に役に立つことを目指しています。経験豊富なアドバイザーによる意見やコンサルティングを含む高品質なブログ記事を配信しています。

お問い合わせ

個人情報の取扱いに関する確認事項を必ずお読みの上、お問い合わせ下さい。は必須入力項目です。

Scroll to Top