Power Appsとは?従来の開発の違い・企業の活用事例・展望について解説

2024年6月6日

はじめに

Microsoft 社から提供された Power Apps とは、企業内の業務を効率化するために構築されたアプリケーション開発ツールです。 Power Apps は、従来のプログラミング言語とは異なり、ローコードに加えて、ドラッグ&ドロップで開発することができます。 近年ではローコード開発であらゆる業界の企業に導入でき、IT 業界に人気のテクノロジです。 しかし、Power Apps はあらゆる業務を効率化できる側面があり、注意点があります。この記事では、Power Apps の特徴と事例を含めて詳しくご紹介していきます。

Power Appsとは

Power Appsとは、プログラミングの知識なくても、業務アプリを開発できるアプリケーション開発ツールです。 Power Appsは、サブスクリプションサービスのMicrosoft365に含まれていて、ドラッグ&ドロップで簡単に業務アプリを作成することができます。 業務アプリとは、企業や組織の業務をコンピューターが効率的に処理ができるプログラムです。 例えば、顧客情報の共有する際に紙媒体の名簿やFAXなどを利用して連絡するケースが一般的でした。 しかし、業務を効率化するためにPower Appsであれば、Dynamics 365上の顧客データを参照することができます。 そのため、Power Appsでアプリを作成することで、コーディングの知識がなくても、外注コストやランニングコストを抑えることができます。

Power Appsでできること

Power Appsとは、JavaやC言語などの専門知識がなくてもローコードで簡単にアプリケーションを開発できるビジネスアプリ作成ツールです。 Power Appsでは、Webアプリケーションやスマホアプリなどを作成することができます。 ここでは、Power Appsでできることについて詳しくご紹介していきます。

さまざまなツールと連携ができる

Power Appsは、ExcelやMicrosoftBIなどをはじめとしたあらゆるアプリと連携することができます。 このツールには、画面の作成を決めてアプリで表示する部品を配置する機能や他のデータをさらに別のシステムに連携できるのが特徴です。 例えば、顧客情報が記録してあるExcelデータをPower Appsで作成した業務アプリに取り込むことで、Word等で報告書として出力することができます。 このように日々の業務の一部をPower Appsを活用することにより、業務効率化につなげることもできます。

アプリ開発のハードルが低い

Power Appsは、開発環境の構築が必要なくWebブラウザでアプリを開発することができます。 Power Appsにはブラウザ上の管理画面からログインした後、すぐにアプリ開発が始められます。 画面を操作する際には、ドラッグ&ドロップやテキスト入力による感覚的な操作でアプリを構築できるのでITスキルの向上につながります。 そのため、自社で初めてアプリを開発をしたい方にとってハードルが低く、手軽に作成できるのがポイントです。 Power Appsはあらかじめ設定されているテンプレートで文字や色合いを自由に設定することができます。

開発工程を短縮することができる

Power Appsは、通常のアプリ開発より開発期間が短縮され、安定した開発ができるようになります。 Power Appsでは、GUIによる操作とテンプレートを使用することによって業務アプリを作成することができます。 従来のアプリ開発は、企画から要件定義、コーディングに至るまでの過程が多く、工数がかかってしまうのが難点です。 その分、完成したシステムにバグが見つかると、バグの修正のための作業や時間が必要でした。 しかし、Power Appsであれば、画面のレイアウトの設計やデザインのカスタマイズなどを迅速に行うことができます。 Power Appsを使用することで、これまでの工程を省略することが可能になり、低コストで開発できるのが大きな利点です。

Power Appsによる開発と従来の開発の違い

Power Appsの開発と従来の開発と異なる点は、専門知識がなくても開発業務ができる点です。 Power Appsと通常の開発の特徴として、導入のハードルが低いことに違いがあります。 二つの開発の手法にどのような違いがあるのか以下の表でまとめてみました。
Power Appsと従来の開発の違い
製品 Power Apps 従来の開発
プログラミング知識 不要 作りたいアプリによってJavaやHTML、PHPなどの言語が必要
テンプレート数 約30種類 作りたいアプリによって異なる
動作プラットフォーム PC,iOS, Android PC、タブレット
拡張機能 ExcelやBIなどといったMicrosoft製品との連携 GitやVS code等
従来の開発業務は、プログラミングでコーディングすることが一般的で、開発ツールによって開発言語で開発する必要がありました。 これまではプログラミング言語の知識や、環境構築のスキルは専門知識が求められるため、一つの業務アプリを開発するのに膨大な時間がかかる可能性がありました。 一方、PowerAppsは、ローコードで業務アプリを直感的な操作で開発することが可能です。 ドラッグ&ドロップと関数の入力でアプリを構築することができるため、手軽にアプリ開発が始められます。

Power Appsで作成できるアプリの種類

Power Appsで作成できるアプリ3つの種類 Power Appsで作成できるアプリはキャンバスアプリとモデル駆動型アプリの二つの手法があります。 これらのシステムではそれぞれ2つの手法があり、自社の業務に合わせたアプリを開発することができます。 Power Appsは自分で好きなようにレイアウトの設計や数値やデータをグラフ化できるのがポイントです。 ここでは、Power Appsで作成できるアプリの種類について解説していき。

キャンバスアプリ

キャンバスアプリとは、プログラミング言語でコードを書くことなく、自分の好きなようにレイアウトの設計ができるアプリケーションです。 キャンバスアプリは、テキストやUIの部品をドラッグ&ドロップで移していき、動作やデータを補うのが特徴です。 モデル駆動型アプリより敷居が低く、専門知識があればシステム担当で業務のニーズに合ったアプリを作成できます。 自社で作成すると、開発コストがかからず、アプリの設計から運用まで全て自社で管理できるので長期的に費用が安く済みます。 モデル駆動型アプリとは、データベースを利用してあらかじめ決まったコンポーネントでアプリを作成する管理者向けのアプリです。 データベースとは、データ構造が決まった形式で整理された情報の集まりのことをいいます。 モデル駆動型アプリは、フォームやビューやダッシュボードなどのデザイナーツールを使用して、テーブルへ追加できるのが特徴です。 しかし、モデル稼動型アプリは、キャンバスアプリより難易度が高く画面レイアウトは自由度が高くありません。 そのため、業務アプリのモデルが明確でシステムとして活用したい場合におすすめです。

モデル駆動型アプリ

Pawer Appsのモデル駆動型とは、データベースをモデルにして、データ管理に特化したアプリです。 モデル駆動型は、フォームやビュー・ダッシュボードなどの画面の要素をテーブルへ追加することで構築できます。 画面のレイアウトはキャンバスアプリより自由度は高くなく、ダッシュボードで活用されるのが特徴です。 そのため、アプリ設計が複雑になった場合にデータ項目の設定をするだけで、自動生成することができます。

Power Appsポータル

Power Appsポータルとは、組織外のユーザーに向けたWebサイトを構築するビジネアプリ作成ツールです。 Power AppsポータルはMicrosoft Dataverseをデータベースとして利用したり、豊富なテンプレートで簡単に機能を実装することができます。 例えば、会議の予定を管理できるページを作成したい際は、会議のスケジュールと管理テンプレートで作成することができます。 Power AppsポータルのWebサイトは、ユーザーからの申請やスケジュール管理などのシステム化に適しているのがポイントです。 自社で求められている業務をローコードでアプリを作成できるため、アプリ開発に割く業務時間を大幅に削減することができます。

Power Appsの使い方

Power Appsでアプリを開発する場合、アプリを一から作成することができます。 Power Appsはソースコードコードを書く必要がなく、空のアプリから自分のオリジナルのアプリを開発できます。 テンプレートからアプリの必要なパーツを挿入するだけで、ボタンの位置や変更がシンプルに作成できるのがポイントです。 ここでは、Power Appsの使い方について詳しく解説します。

アプリを一から作成

まずは、Power Appsの空のアプリから画像やボタンを追加しながら、アプリケーションを作成する方法です。
  1. Power Appsにサインインする
  2. 空のキャンバスアプリを作成する
  3. ラベルまたはボタンを選択して、UIの要素のコントロールを追加する
  4. 数式バーからコントロールを構成する
まず、Power Appsでアプリを一から作成する際に、Power Appsにサインアップし、登録した同じアカウント情報を使用してサインインします。 その後、Power Appsのホームから空のアプリを選択し、必要なボタンやテキストを挿入します。 「ツリービュー」からスクリーンを新しく追加でき、さまざまなUI要素や動作の構成などを追加することが可能です。

Excelデータに接続してアプリを開発

もう一つの方法はすでに用意されたExcelなどのデータをPower Appsに接続することで、自動的にアプリケーションを作成することができます。 例えば、Excelで顧客リストをテーブル化で作成した後、OneDriveに保存すると、Power Appsで顧客リストをPower Apps上で接続できます。 Power Apps上ではデータの入力画面や入力データの一覧画面と入力内容の詳細画面の3画面が自動作成され、ExcelやSQLなどのツールを連携できるのが特徴です。 Power Appsのホームの「Excel」をクリックして、新しい接続をクリックすると「OneDrive for Business」が表示されます。 先ほど作成したExcelファイルを選択し、「住所録」から接続の順にクリックすると「ツリービュー」画面でアプリを作成できるようになります。 そのため、Power Appsはアプリ開発に高度な知識は必要なく、PowerPointでスライドを操作するのと同じような感覚でデ―タを挿入できるのがポイントです。

Power Appsの料金プラン

Power Appsは、企業や個人のニーズに応じた料金プランを選ぶことができます。 Power Appsの料金プランは、サブスクリプションプランや従量課金プランといったユーザーの用途に合わせてアプリを開発できるのが特徴です。 Power Appsを利用するには、プランによってユーザー数が異なっており、以下のようなプランとなっています。
製品名 価格
Power Apps 100ユーザーで1サイトあたり2500円 /月
Power Pages(Power Appsポータル) 500ユーザーで1サイトあたり11,244円/月
AI Builder 1ユニットで62,500円
ライセンスは、1人ごとにプランを1ヵ月使用ができ、最低価格が2,500円で使うことができます。 ここでは、Power Appsの料金プランについて解説します。

サブスクリプションプラン

Power Appsのサブスクリプションプランは、小規模プロジェクトや特定の業務向けに特化したアプリケーション開発です。 サブスクリプションプランの料金は、月額2,500円で1人複数のアプリを使用することができます。 毎月1人のユーザーでキャンバスアプリとモデル駆動型アプリ・ポータルから1つ選択し、必要な機能に応じて選べるのがポイントです。 これらのアプリケーションは業務の効率化を実現でき、Microsoft 365のアプリケーションを組み合わせることで、全体的に最適化することができます。

従量課金プラン

従量課金プランとは、ライセンス契約なしでアプリを構築して共有できる新しい料金プランです。 従量課金制プランは、組織内のあらゆるユーザーとPower Automateフローを共有し、使用した分だけ料金を支払うことができます。 Power Appsにはストレージ容量が含まれており、ストレージを確認する際はMicrosoft Dataverseストレージに容量が管理される仕組みです。 従量課金プランを選択した場合、Azureメーターを使用してAzueサブスクリプションに金額が記録されます。 Power Appsのアプリごとのメーターは、1ヵ月ごとに少なくとも1回開いたユーザーの数を測定します。 このようにPower Appsの従量課金プランは、Azueサブスクリプションと紐づけることにより、ライセンス契約を結ぶ手続きなく使えるのが大きなメリットです。

Power Appsの活用事例

Power Apps6つの活用事例 Power Appsはさまざまな業務で活用されていて、データを取り扱う業務の効率化が進められています。 例えば、営業活動で請求書や納品書などを手作業で作成していた場合、Power Appsでアプリを開発すれば、書類を作成する手間が減ります。 Power Appsに含まれている機能を活用することで、自社の業務効率化やコスト削減につながります。 ここでは、Power Appsの活用事例について解説します。

経済産業省での申請書アプリの開発

経済産業省とは、民間の経済活力の向上を図る上で国の行政事務を分担管理する機関の一つです。 経済産業省がPower Appsを活用して、gBizFormと呼ばれる報告書の作成プロセスや行政手続きをWeb上で共有できるアプリケーションを構築したのがその例です。 経済産業省でのGbizformアプリ 経済産業省のポータルサイトで送信された申請書は、各申請承認業務に合ったシステムがキャンバスアプリやモデル稼動型アプリを使用して処理されます。 また、Power Appsでは複数の認証基盤に対応しており、セキュリティを担保することも可能です。 その中でWebロールと呼ばれる個人ユーザーや管理者に合った管理の割り当てによって、アクセス権を制御することができます。 認証やアクセス制御を組み合わせることで、セキュリティの高いアプリを開発ができるのもポイントです。

営業支援管理アプリ

営業支援管理アプリとは、営業部門で獲得した顧客情報や商談の進捗状況などを一元管理するアプリです。 Power Appsでは、営業案件に関する連絡先を追加したり、グラフによって営業データを可視化することができます。 追加した営業情報は、Power Appsのダッシュボード上に表示され、共同編集も可能です。 また、Microsoft Power BIのツールなどと連携すると、顧客ごとの成果予測や営業活動の細かい分析ができるようになります。 そのため、Power Appsを活用した営業支援管理アプリは、あらゆる業界の企業に活用されています。

勤怠管理アプリ

勤怠管理アプリとは、従業員の出退勤の打刻や休暇申請などを行える勤務管理アプリの作成ができるアプリです。 Power Appsはクラウドサービスのため、作成したアプリはWeb上で勤怠の手続きを行うことができます。 例えば、スマートフォンから出退勤打刻や休暇申請できるアプリを開発すると、管理者側もリアルタイムで確認できるようになります。 勤怠管理をアプリ上で管理できるようになると、「出社」と「在宅」を会社側でコントロールでき、出勤管理などの負担を軽減できるのがポイントです。 このようにPower Appsは、出勤ボタンを通じて簡単に記録できるように設計されています。 ボタンの追加やフォームの設計などシンプルに挿入できることで、アプリを効率的に行うことができます。

製造業でのデータ管理アプリの開発

製造業では、生産管理や在庫管理などの業務を工程管理アプリで効率化することができます。 工程管理アプリとは、スマートフォンやタブレットなどで工程管理を行うことができるアプリです。 Power Appsは豊富なテンプレートが用意されていて、ITやRPAの専門知識がなくても開発ができるのが特徴です。 Power AppsはMicrosoft Formsと連携させることで、回答フォームをシンプルに作成することができます。 これらのツールを活用することで、現場のスケジュール管理や工程に異常発生がないかをデータにすることで可視化できるようになります。 Power Appsはデータの一元管理機能によって、工程管理におけるコストやスケジュールなどを見える化できるのがポイントです。

在庫管理アプリ

Power Appsは、キャンバスアプリで在庫管理アプリを作成することができます。 在庫管理アプリとは、スマートフォンやタブレットを使用して、在庫数や棚卸、入出庫管理などの機能を持ったアプリです。 スマートデバイスに搭載されているカメラ機能を使って、商品のバーコードをスキャンして読み取ることで半自動で在庫登録作業ができます。 在庫管理アプリを作成する際、既存のExcelで作成された在庫管理表をPower Appsに取り込むだけでアプリが完了します。 Power Appsの最大の利点は、外部から在庫管理システムを導入する必要がないことです。 プログラミング知識がなくてもシステムの連携や編集ができ、コスト削減にもつながります。

飲食店でのテーブル管理アプリ

飲食店では、Power Appsを使ってテーブルの予約情報や店舗内状況が管理できるアプリを開発することができます。 これまでは顧客の来店情報を紙媒体の名簿で管理することが多く、時には情報共有が難しい場面がありました。 これらの問題を解決するためにPower Appsで作成されたアプリであればメニューの検索や注文予約を配置することができます。 Power Appsはカスタマイズ性に優れており、UIの部分で自由に画面上に要素の配置が可能です。 そのため、プログラミングの専門知識が少ない方でも気軽に予約管理アプリを作成できます。

Power Appsの注意点

Power Appsでは、ITの専門知識がなくてもアプリがWeb上で作成できる半面、注意点が存在します。 Power Appsはあくまで社内向けのアプリであり、デザインの自由度が低くなってしまう点です。 業務アプリケーション開発には、基本的な操作がシンプルである分、ブランドイメージに合ったデザインにカスタマイズするには難しい面があります。 そのため、自社でPower Appsを導入する際は、これらの注意点を抑えることが必要です。 ここでは、Power Appsの注意点について詳しく解説します。

大規模システムの開発には敷居が高くなる

Power Appsは本来、中小規模の業務に特化して設計されていて特定の業務を効率化するアプリを作成することができます。 しかし、大規模システムは長期的な開発期間を要する上、多くのデータ統合が必要になるため、Power Appsだと不向きです。 ローコードでアプリ開発が複雑になるにつれ、多数のデータソースや数式を読み込んで管理する必要があるため、動作が遅くなる可能性があります。 そのため、大規模システム開発においては、Power Appsを必要な機能追加やUIの設計に利用することがおすすめです。

デザインの自由度が低くなる

Power Appsはローコードアプリであるため、画面のカスタマイズに制約があります。 Power Appsはあらかじめ決まったテンプレートを使用するため、ユーザーがオリジナルでカスタマイズできる範囲は限定的になってしまいます。 従来の開発環境は、ソースコードやフレームワークなどを使ってアプリを開発するのが一般的でしたが、ローコードではテンプレートをベースに設計されているのでデザインの自由度が低くなってしまいます。 アプリ開発で複雑なデザインを設計したい際は、Power Appsと併用して従来の開発ツールを使用することがおすすめです。 

情報漏洩のリスクがある

Power Appsは、直感的な操作ができる半面、情報漏洩などのセキュリティ被害に遭うリスクがある点です。 Power Appsでのアプリ開発はシステム担当者1人で操作することができ、業務を効率化することができます。 しかし、エンジニア以外がアプリを開発する際は、セキュリティ知識を身に付けることが必要です。 Power Appsはオンラインで複数のユーザーと情報共有を行うことができますが、アクセス権原を間違えると社外にアクセスできる状態になってしまいます。 そのため、Power Appsでアプリ開発を行う際は、エンジニア同様のセキュリティ知識を身に付けることが大切です。 自社でローコード開発を導入するのに社内でセキュリティ対策を講じることも必要です。

Power Appsの展望

Power Appsの将来は、MicrosoftSoftが提供するローコード開発プラットフォームであり、近年その注目度が急速に高まっています。 業務アプリ開発をより効率的かつ容易にするツールとして、多くの企業で導入が進んでいます。 ローコード開発が注目されるようになったのは、2020年度からローコ―ド開発の売上は515億円に上がり、2024年までにアプリケーション開発の65%をローコード開発で行うと予測しているからです。 ここでは、Power Appsの今後の将来について詳しく解説します。

ITの人材不足が解消される

企業はあらゆる業界でシステム開発ができるITの需要が高まっている半面、IT人材の不足が課題となっています。 業務システムをIT化をするには、システム開発から運用までの投資効率を最大化をすることが必要でした。 このような問題を解決するために、Power Appsを取り入れると、ITの専門知識がなくてもある程度のプログラミング知識があればアプリケーション開発を行うことが可能です。 Power Appsは学習コストが低く、今後はAIとの組み合わせて活用することによって、さらに手軽な開発が可能になると予測されます。

ユーザーインターフェースの拡大

近年ではPower Appsの普及で、システム開発が数日で完了することが増えると考えられます。 Power Appsは、より使いやすいインターフェースを提供することで、簡単にアプリケーションを開発することが可能です。 従来は環境構築をインストールして、0からソースコードでアプリを開発することが一般的でした。 しかし、システム開発の規模が大きくなるにつれて、プログラムが複雑化し、工数が大幅にかかることが多いです。 一方、Power Appsはソースコードを必要としないため、本来は数ヶ月から年単位の時間がかかるアプリケーション開発を大幅に短縮できるのが大きなメリットです。 Power Appsはその優れた開発スピードにより、今後はAIとの統合や複雑なアプリケーションの開発が可能になると予想されます。

まとめ

本記事では、Power Appsと企業の活用事例について詳しくご紹介しました。 Power Appsとは、ビジネスアプリケーション開発のPower Platformの一つのローコード業務アプリ開発ツールです。 Power Appsを使用すると、ドラッグ&ドロップでシンプルな操作で業務アプリを作成することができます。 これまでは業務の申請書や勤怠管理システムを開発するのに、長期的な期間とコストを要することが多かったです。 しかし、Power Appsであれば、ITの専門知識がなくてもアプリケーションを作成したり他のツールと連携できるようになります。 このようにPower Appsは、日報などの手入力をローコードで担当者の負担が軽減できるのが大きなポイントです。 弊社では、Power Appsの分野の専門家がおり、5年間の経験があります。コンサルティングと実装を両立することができます。

人気の投稿

著者

お問い合わせ

個人情報の取扱いに関する確認事項を必ずお読みの上、お問い合わせ下さい。は必須入力項目です。

Scroll to Top