小売業界でのアプリ導入のメリットと成功事例について解説

2023年5月30日

アプリを活用した小売業界が広がっています。スマートフォンやタブレット端末の普及により、アプリを通じて消費者に情報提供や商品販売を行うことが一般的になっています。

一方で、以下のような疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 小売業界でアプリが広がっている理由がわからない
  • 小売業界でアプリを導入するメリットが何か
  • どのような成功事例が存在するのか

この記事では、小売業界でアプリを導入するメリットや成功事例について解説します。アプリを活用することで、顧客満足度やロイヤルティ、販促効果の向上につながる方法についても詳しく紹介します。また、実際にリリースされているアプリについても紹介します。

小売業界ではアプリ活用が広まっている

Retailapplication1

小売業界では、スマートフォンやタブレット端末の普及により、アプリを通じて消費者に情報提供や商品販売を行うことが一般的になってきています。総務省が公表する「令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によるとLINEやInstragramなどのアプリの利用率が調査開始の平成24年以降伸びています。特にLINEアプリは平成24年時点では20.3%から令和3年時点では92.5%まで伸びているのが現状です。

アプリの利用率が高まっている現在、小売業界でも多くのアプリがリリースされています。小売業者はアプリを通じて消費者との接点を増やしたり、情報提供や販売をアプリ経由で行ったり、クーポンやポイントなどの特典を提供したりと様々な施策を展開しています。

小売業界でアプリを導入するメリット

Retailapplication4

ここからは小売業界でアプリを導入するメリットを以下に説明します。

  • 顧客満足度の向上
  • 顧客ロイヤルティの向上
  • 販促効果の向上
  • 顧客データの収集と分析
  • コスト削減

顧客満足度の向上

小売業界でアプリを導入することで、顧客満足度の向上が期待できます。なぜなら、アプリを通じて顧客に商品情報、購入手続きの簡素化、ポイントやクーポンなどの特典を提供することができるため、顧客は小売業者に対してより満足度の高い評価を与えることができるためです。また、顧客が満足度の高い評価を与えることで、小売業者はリピート購入や口コミによる新規顧客の獲得が期待できます。アプリを導入することで顧客満足度の向上が期待できるため、小売業界でのアプリ活用が広がっているのです。

顧客ロイヤルティの向上

小売業界でアプリを導入することで、顧客ロイヤルティの向上が期待できます。つまり、顧客が企業や商品・サービスに対して持つ愛情や思い入れ、信頼感などの肯定的な感情が強まり、顧客がリピート購入を繰り返すようになることを意味します。

アプリを通じて、顧客は手軽に商品情報やセール情報を入手することができます。また、注文履歴を確認したり、ポイントやクーポンなどの特典を受け取ったりすることも可能です。これらのサービスによって、顧客はより満足度の高い買い物体験を得ることができ、企業や商品・サービスに対する好感度が高まります。

販促効果の向上

小売業界でアプリを導入することで、販促効果の向上が期待できます。つまり、企業が行う販促活動がより効果的になり、販売促進ができるようになることを意味します。

アプリを通じて、企業は顧客に対してセール情報やクーポンなどの特典を提供することができます。また、顧客の購入履歴に基づいてターゲティング広告を配信することも可能です。これらの販促手法によって、顧客はより割引率の高い商品を購入することができ、企業は販売促進を図ることができます。

顧客データの収集と分析

小売業界でアプリを導入することで、顧客データの収集と分析が可能になります。顧客データとは、顧客がアプリを利用する際に発生するデータのことで、購買履歴やアプリ利用状況などが含まれます。

アプリを通じて、企業は顧客が購入した商品やサービス、購入金額、購入日時などの情報を収集することができます。これらのデータを分析することで、どの商品が人気があるのか、どの時間帯に購入が多いのかなどの傾向を把握することが可能です。

また、アプリを利用する顧客の年齢や性別、住所などの属性情報を収集することもできます。これらの情報をもとに、顧客をグループ分けし、よりターゲティングされたマーケティング戦略を実施することができます。

コスト削減

小売業界でアプリを導入することで、コスト削減ができます。広告費用の削減、運営コストの削減などのメリットを得られます。例えば、アプリを通じて直接顧客にキャンペーン情報や新商品情報を配信することが可能です。また、アプリを利用することで、紙のチラシやポスター、DMなどの印刷物や郵送費用を削減することができます。また、アプリを利用することで、顧客とのコミュニケーションにかかる運用コストを削減することができます。

小売アプリの成功事例

Retailapplication2

ここでは小売業向けの成功事例について紹介します。

  • マクドナルド公式アプリ
  • スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
  • スシローアプリ
  • 31Club APP
  • すかいらーくアプリ

マクドナルド公式アプリ

マクドナルド公式アプリはマクドナルドが展開する顧客向けのスマートフォン用アプリです。

マクドナルド公式アプリでは、新商品やクーポン情報の発信に加え、様々な機能が提供されています。例えば、注文から決済までをアプリ上で行う「モバイルオーダー」や、店舗の駐車場で受け取れる「パーク&ゴー」、テーブルにスタッフがお届けする「テーブルサービス」などがあります。また、ARコンテンツやモバイルオーダー専用のスタンプカードなど、楽しい体験ができる機能も提供されています。アプリを通じてはドナルド・マクドナルド・ハウスへのチャリティー支援も行なっています。

特にモバイルオーダーの導入により、注文時にゆっくりと時間をかけてお好きな商品を選んだり、事前に注文と決済まで行なうことができますので、注文の列に並ぶストレスが解消されたり顧客へのメリットが多いです。

参考:日本マクドナルド公式アプリ

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

「スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ」とは、スターバックスの日本国内で提供されている公式のモバイルアプリのことです。当アプリをスマートフォンにインストールすることでモバイルオーダーやクーポン機能、ポイント機能、ストア検索機能などといった機能を利用することができます。

例えば、モバイルオーダーではスターバックスのドリンクやフードを事前にオーダーし、店舗で受け取ることができます。忙しい時間帯や、混雑している店舗でも、時間を節約して注文することが可能です。

また、egiftと呼ばれる電子ギフトカードを利用することが可能です。当アプリからegiftを購入し、自分自身や他の人にプレゼントすることができます。受取人は、egiftの受け取りについてのメールを受け取り、そのメール内のバーコードを店舗で提示することで、その値段分のスターバックスの商品やサービスを受けることができます。また、egiftはスターバックスのモバイルアプリに追加することもでき、アプリ内で利用することができます。

参考:スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

スシローアプリ

スシローのアプリでは、メニューの閲覧、店舗検索や予約、ポイントカードの利用など、様々な機能が提供されています。例えば、アプリを利用することで、お持ち帰り注文や予約が簡単に行えるため、忙しい人でも手軽にスシローの美味しいお寿司を楽しむことができます。さらに、ポイントカードの利用によって、お得に食事ができる点も魅力的です。これによって、リピーターを増やすことができ、スシローの集客力を高めることができます。

アプリ内でのメニューの閲覧や注文が促進され、売上増加につながると考えられます。また、スシローは、アプリを通じて顧客とのコミュニケーションを強化し、顧客のニーズに合わせたサービスの提供を行うことができます。このように、スシローのアプリは、顧客満足度を高め、ビジネスの成功につながると言えます。

参考:スシローアプリ

31Club APP

31Club APPは、サーティワンアイスクリームの会員向けアプリで、小売アプリの成功事例として知られています。このアプリは、ポイントカード機能、会員限定クーポン配信、新商品情報の配信、スタンプラリーイベントの実施、モバイルオーダー機能といった機能を提供しています。

これらの機能によって、31Club APPは顧客にとって非常に便利で、その使いやすさと快適な利用体験によって、多くのユーザーに愛されるアプリです。また、31Club APPは、サーティワンアイスクリームの特徴である、豊富なアイスクリームの種類や、季節限定のフレーバーを紹介する機能もあり、ユーザーにとっては、アイスクリーム好きにはたまらないアプリとなっています。

参考:31Club APP

すかいらーくアプリ

すかいらーくアプリは、すかいらーくグループが運営する公式アプリです。ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど、すかいらーくグループの各店舗で利用できるクーポンやキャンペーン情報、店舗検索、テイクアウト注文など、様々な機能を提供しています。 すかいらーくアプリは、2014年にリリースされ、現在では1,000万ダウンロードを突破しています。

クーポンやキャンペーンが豊富 すかいらーくアプリでは、ガストやバーミヤン、ジョナサンなど、すかいらーくグループの各店舗で利用できるクーポンやキャンペーン情報を提供しています。これらのクーポンやキャンペーンは、食費を節約したいユーザーにとって魅力的です。すかいらーくアプリは、使いやすいUI/UXで設計されています。

すかいらーくアプリでは、クーポンやキャンペーンの提供以外にも、店舗検索、テイクアウト注文、ポイントカード機能など、様々な機能を提供しています。これにより、ユーザーはすかいらーくグループの店舗を利用する際に、様々なメリットを得ることが可能です。

参考:すかいらーくアプリ

まとめ

Electronicinvoicesystem5

この記事で説明してきた内容をまとめると以下のとおりです。

  • アプリを導入することで顧客満足度の向上が期待できる。
  • 小売アプリの成功事例には、マクドナルド公式アプリ、スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ、スシロー、31cLub APP、すかいらーくアプリがある。
  • 顧客データの収集と分析が可能になることで、どの商品が人気があるのか、どの時間帯に購入が多いのかなどの傾向を把握することができる。

小売業界向けのシステムやアプリケーションの設計、開発、運用には、幅広い知識と経験を持ったエンジニアが必要です。そのため、専門企業に外注することをおすすめします。企業選びに迷われた場合は、株式会社エイチビーラボにご相談ください。

株式会社エイチビーラボでは、ベトナムに特化したオフショア開発サービスを提供しております。小売業界向けのアプリ開発を推進するために、専門的な知見や経験を持ったエンジニアが在籍しています。小売業界向けのアプリ開発にお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。ご相談から開発、運用まで親身にサポートいたします。

人気の投稿

著者

株式会社HBLAB
株式会社HBLAB
HBLABは、顧客満足度の高いサービスを提供し、IT業界全般、特にオフショアに関する情報を参考することで最適な意思決定に役に立つことを目指しています。経験豊富なアドバイザーによる意見やコンサルティングを含む高品質なブログ記事を配信しています。

お問い合わせ

個人情報の取扱いに関する確認事項を必ずお読みの上、お問い合わせ下さい。は必須入力項目です。

Scroll to Top